旧交通科学博物館跡地「べんてんひろば(賑わい施設)」【JR大阪環状線弁天町駅】

2022年4月(北東から撮影)

JR西日本とJR西日本不動産開発は、JR大阪環状線弁天町駅の旧交通科学博物館跡地に、「賑わい」が集う施設「べんてんひろば」を2019年2月から順次オープンした。

  • スポーツエリア(テニス・ボルダリング)
  • イベントエリア(フリーマーケット)
  • コインパーキング(175台)

当初のプレスリリースでは2021年頃までの限定開業で、その後はIR(統合型リゾート)、2025年の大阪万博関連の需要を考慮して再開発される方針だった。しかし、2022年4月現在も変化はない。

JR大阪環状線「弁天町駅」の東側にあった「交通科学博物館」は、2014年4月に閉館し、2016年4月に「京都鉄道博物館」が開館した。

地図

「べんてんひろば」概要

出典 JR西日本

  • 所在地  大阪市港区波除3丁目11-15
  • アクセス JR大阪環状線「弁天町駅」に隣接
面積内容期間
スポーツエリア約2,600㎡テニス・ボルダリング2019年2月1日~2021年
イベントエリア約1,000㎡フリーマーケット2019年3月9日~2021年
コインパーキング約6,000㎡175台駐車可能2018年11月開業済

2022年4月(東から撮影)

2022年4月(南から撮影)

 

コメント
2025年の大阪・関西万博まで3年しかないので、本格的な施設を建設することはスケジュール的に無理だと思う。したがって、万博のために一時的に「バスターミナル」や「駐車場」に利用されて、万博終了後に本格的な再開発が始まるかもしれない。

過去写真

2019年8月撮影

2019年8月撮影

スポーツエリア(ボルダリング)

 

2019年8月撮影

スポーツエリアの「テニス」「ボルダリング」はこちらの建物で受付するようだ。

 

JR弁天町駅の東側(2018年12月)

JR弁天町駅の東側には、コインパーキング(175台 6,000㎡)となる。

 

イベントエリア(1,000㎡)

高架下に「イベントエリア」が2019年3月9日に開業した。フリーマーケットなどに使用されると見られる。高架下なので雨が降ってもある程度は大丈夫と思われる。

 

 

アクセス

旧交通科学博物館 物件概要

  • 所在地 大阪市港区波除3丁目11番10号
  • 1962年1月開館
  • 2014年4月閉館
  • 敷地面積 約14,000平米
  • 延床面積 約9,000平米
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました