三宮再整備、官民総事業費1,000億円単位【神戸市】

神戸新聞によると、神戸市は三宮の再整備について「総事業費は民間開発も含めれば1,000億円単位になる」との見通しを明らかにした。

引用・参照 神戸新聞

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201902/0012078024.shtml

 

事業費解散うち神戸市負担
公共施設歩行化優先エリア段階整備15億円10億円
三宮駅周辺のデッキ整備65億円40億円
東遊園地などの再整備15億円10億円
税関前歩道橋など整備55億円40億円
庁舎建替え新中央区総合庁舎整備95億円95億円
本庁舎2号館整備360億円210億円
庁舎整備に伴う移転費など95億円95億円
合計700億円500億円

民間開発を含めて1,000億円単位で、公共施設事業費は700億円、うち神戸市負担は500億円ということらしい。

三宮整備というものの、内訳を見ると、神戸市役所2号館整備に360億円の事業費が計上されている。

単なる市役所の建替え費用も加えて、1,000億円という金額を出しているに過ぎない。

「三宮バスターミナル・ツインタワー」については、「公共施設部分の具体的な規模が確定しておらず、遅くとも1年以内には示したい」ということで、規模すら決定していない。

見出しの「1,000億円」というのだけ見れば、三宮整備が進むと思うが、実態は「三宮バスターミナル・ツインタワー」の規模も決まっていないので、三宮再開発はかなり遅れるようだ。

なんのために、こんな内容のない記事を書いているのか?

error:Content is protected !!