コラム 小説 ニュース 話題 大阪市/大阪府 新規開業・グルメ 神戸/兵庫

大阪VS神戸 お土産対決【乃が美】と【モロゾフ】800円台~1,000円くらい

高級「生」食パンの「乃が美」864円(税込)

お土産の定番はデパートのショートケーキだったが、最近は高い物だと1ピース700円~800円に値上げされている。

4ピース買うと3,000円になってしまう。ちょっとしたお土産としては予算オーバーで、やはり1,000円くらいの「お土産」がいい。

そこで、大阪と神戸の1,000円くらいのお土産、手土産を探してみた。

まずは、大阪発祥の高級食パンブームの代表格「乃が美」、864円と食パンとしては高いが2斤なので1斤当たり432円となる。

それでも普段買う食パンの2倍~3倍するが、果たして美味しいのか?

結論から言うとスーパーで売っている100円~150円の食パンよりかは、はるかに美味しい。

しかし「タカキベーカーリーの250円くらいの食パン」や「いかりスーパーの350円くらいのハードトースト」と比較すると、飛び抜けて美味しいというほどでもない。

だが、贈答用としては、やはり「乃が美」が一番適している。紙袋も高級感があり、大きさも2斤で大きい。

ただスライスしていないので、会社で食べるには適していないが、家庭で食べるにはちょうどいい。個人的には「生食」よりもトーストした方がもちもちして美味しいと思う。

 

モロゾフのフェイバリット1,080円(税込)

神戸を代表するモロゾフ(MOROZOFF)のチョコレートだが、1,080円で20個入っている(写真は蓋で隠れて16個しか見えていない)。

外国製の高級チョコレートなら1,000円で4個しか入っていない。

モロゾフも外国製のチョコレートも味に違いは感じられない。しかもモロゾフのパッケージは1,080円とは思えないくらいの高級感がある。

個別包装ではないが、会社などでOLさんがちょっと食べれるのがいい。

また、同じ「フェイバリットシリーズ」で15個入りは810円(税込)。

 

コメント

どちらも1,000円程度のお土産、手土産としては、いい選択だと思う。

家庭で食べるのなら「乃が美」、会社で食べるのなら「モロゾフ」がいい。

ただ、紙袋については「乃が美」の方がいい。食パンがちょうど入る紙袋なので持ち運びに便利。

「モロゾフ」はチョコレート箱が平べったいので、紙袋に入れると「縦」になり、ちょっと動いてやや持ちにくい。

「モロゾフ」の外箱は高級感があっていいのだが、紙袋になるとそこまでの高級感がなく、インパクトがやや弱いがお土産そのものとしてはいい。

ちなみに、「モロゾフ」は2019年11月1日に神戸・三宮センター街の本店(カフェ・物販)をリニューアルオープンする。

売上高は「乃が美」が年間100億円、「モロゾフ」は年間300億円となっている。

関連コンテンツ

スポンサーリンク





-コラム 小説, ニュース 話題, 大阪市/大阪府, 新規開業・グルメ, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!