大阪モノレール延伸「新駅(仮称)松生駅」追加設置、門真市駅~瓜生堂駅(8.9km)2029年度開業 【近鉄奈良線と接続】

出典 大阪府

大阪モノレール延伸事業(仮称)松生駅 追加設置

出典 大阪府

大阪モノレールは、大阪空港駅から門真市駅および彩都西駅の合計28kmが開通しており、すでに2029年開業予定で、門真市駅から南へ8.9km延伸することが決定している。

2021年9月、大阪府は、延伸距離はそのままで、新設駅を4駅から5駅に増加させると公表した。

具体的には、現在の終点である「門真市駅」の次に(仮称)松生駅を新設する。

門真市駅からは約1.2km南、次の新駅「門真南駅」までは約1.4kmと思われる。

(仮称)松生駅の東側では、三井不動産が「(仮称)ららぽーと門真(コストコ併設)」を建設しており、2022年度開業予定。

出典 大阪府

筆者撮影

名称(仮称)松生駅(大阪モノレール)
所在地大阪府門真市松生町地内
駅構造島式ホーム構造
駅延長約100m
駅間「門真市駅」まで約1.2km /「門真南駅」まで約1.4km

出典 大阪府

出典 大阪府

 

大阪モノレール (門真市駅の南)

 

大阪モノレール延伸事業概要

建設区間門真市駅 ~(仮称)松生駅~(仮称)門真南駅 ~ (仮称)鴻池新田駅 ~ (仮称)荒本駅 ~ (仮称)瓜生堂駅
路線延長約8.9km
駅数5駅
開業目標2029年
事業主体インフラ部 :大阪府
インフラ外部:大阪モノレール株式会社
構造形式複線高架形式(跨座式モノレール)
事 業 費約1,050億円(税込)

 

変更前

 

延伸区間路線図

延伸区間

2020年4月1日、国土交省大臣は大阪モノレール延伸事業の工事施工を認可し、2020年度中にも着工する予定。

総事業費は約1,050億円で、2029年度の完成を目指す。

延伸区間は京阪「門真市駅」~近鉄「瓜生堂駅(新設駅・仮称)」間の8.9kmで新規駅は合計で5駅(松生駅、門真南駅、鴻池新田駅、荒本駅、瓜生堂駅すべて仮称)となる。

 

事業費内訳(以前の金額)

総事業費1,026億円インフラ部分740億円支柱、桁、駅は大阪府が整備
インフラ外部286億円車両、信号、通信システム、駅務機器は大阪高速鉄道が担当

 

出典 大阪モノレール

大阪モノレールは1990年に開業し、現在は大阪府の主要道路「中央環状線」に沿う形で「大阪空港駅」~「門真市駅」までの「本線」21.2kmが開業している。

1998年には「万博記念公園駅」からの支線「彩都線」が部分開業し、2007年に「彩都西駅」までの6.8kmが延伸開業した。

さらに2029年以降、堺市まで延伸する計画案(工期10年)も浮上している。

 

門真南駅(仮称 新駅)
接続駅:大阪メトロ鶴見緑地線「門真南駅」
出典 大阪モノレール

出典 大阪府

鴻池新田駅(仮称 新駅)
接続駅:JR学研都市線「鴻池新田駅」
出典 大阪モノレール
出典 大阪府
荒本駅(仮称 新駅)
接続駅:近鉄けいはんな線「荒本駅」(大阪メトロ中央線)
出典 大阪モノレール
出典 大阪府
瓜生堂駅(仮称 新駅)

接続駅:近鉄奈良線の新駅「瓜生堂駅(仮称)」を建設

出典 大阪モノレール

出典 大阪府

(仮称)瓜生堂車両基地

(仮称)瓜生堂車両基地

車両の増加に対応し、災害時には「万博車両基地」の代替機能として活用するため、(仮称)瓜生堂車両基地を整備する。

 

堺市までの延伸案

大阪モノレール延伸計画(出典 堺市)

2017年6月8日、「堺市、八尾市、松原市」3市は大阪府に対して「大阪モノレールを堺方面まで延伸する要望書」を提出した。

  • 近鉄奈良線と接続する「瓜生堂駅(仮称)」から、南海堺駅まで約22km延伸する計画
  • 費用は約2,000億円
  • 2029年のモノレール延伸後、さらに10年以上かかると思われる
  • これが完成すれば、大阪モノレールの総延長は大阪空港から堺市までの約50kmとなる
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました