ニュース 話題 大阪市/大阪府 阪神百貨店建替

阪神百貨店のB1食料品売場の一部は移転せず営業継続

2018/06/03


阪神百貨店Ⅰ期は2018年6月1日開業した。

旧阪神百貨店の売場がすべて移転すると見られていたが、地下1階の食料品売場の一部は元の場所でそのまま営業を継続する。

その理由は2つ。

  • 阪神百貨店建替工事Ⅰ期の売場面積は、現在の約3万3000平米から約1割小さくなるため、すべての売場を移転できない。
  • 阪神百貨店の地下1階の食料品売場の一部は、道路の地下にあり、阪神百貨店建替Ⅱ期部分と位置がずれているため、建替工事Ⅱ期の影響を受けない。

新ビルの食品売場へは生鮮食品売場などが移転する。

また、現在の地下1階の食品売場もリニューアル工事を実施し、一部レイアウトも変更になる。

阪神百貨店地下1階食品売場の位置のイメージ

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府, 阪神百貨店建替

error: Content is protected !!