ニュース 話題 大阪市/大阪府 阪神百貨店建替

阪神百貨店のB1食料品売場の一部は移転せず営業継続か?

2018/03/31


阪神百貨店Ⅰ期工事は2018年春の竣工の予定で、現在の阪神百貨店の売場がすべて移転すると見られていた。

しかし、地下1階の食料品売場の一部は現在の場所でそのまま営業を継続すると見られる。

その理由は2つ。

  • 阪神百貨店建替工事Ⅰ期の売場面積は、現在の約3万3000平米から約1割小さくなるため、すべての売場を移転できない。
  • 阪神百貨店の地下1階の食料品売場の一部は、道路の地下にあり、阪神百貨店建替Ⅱ期部分と位置がずれているため、建替工事Ⅱ期の影響を受けない。

新ビルの食品売場へは生鮮食品売場などが移転すると予想される。

また、現在の地下1階の食品売場もリニューアル工事を実施し、一部レイアウトも変更になると思われる。

(情報源は言えませんが、確認した情報です。 とは言っても、公式発表がないので、一応、予想ということでご理解ください。)

阪神百貨店地下1階食品売場の位置のイメージ

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府, 阪神百貨店建替

error: Content is protected !!