大阪市/大阪府 阪神百貨店建替

【2018年8月】阪神百貨店 2期工事 2基目の解体用タワークレーン【定点観測】

2018/08/15

2018年8月13日撮影

阪神百貨店2期工事で2基目の解体用タワークレーンが設置された。8月11日には、まだ設置作業を行っていたので、設置までの日数は1日~2日だったと思われる。

 

阪急梅田オフィスタワー15階から撮影

 

2018年8月11日撮影

スポンサーリンク



阪急梅田タワー15階から見ると、タワークレーンの設置作業が良くわかる。

8月11日(祝日)も設置作業が行われて、8月13日には2基目のタワークレーンの設置が完了していた。

8月中旬からタワークレーン2基を使って、本格的な解体工事が進むと思われる。

7月から変化があり、低層階に囲いが設置されている。

2018年7月撮影

スポンサーリンク


hansdp

「梅田1丁目1番地計画ビル」(仮称)物件概要

名称 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
住所 大阪市北区梅田1丁目1番 ほか
用途 百貨店、オフィス、ホール
敷地面積 約12,200平米
建築面積 約10,000平米
延床面積 約260,000平米
階数 地上38階/地下3階
高さ 188.9m
百貨店面積 約100,000平米
オフィス面積 約143,000平米
その他面積 約17,000平米(11Fカンファレンスゾーン4,000平米)
構造 鉄骨造 地下部 鉄骨鉄筋コンクリート造
事業主 阪神電気鉄道・阪急電鉄
設計・施工 竹中工務店
着工 2015年7月(解体工事は2014年10月着工)
竣工 2023年

 

竣工時期

Ⅰ期工事(百貨店の部分開業) 百貨店(部分開業)は2018年春竣工済
Ⅱ期工事(百貨店の全面開業) 百貨店の全面開業は2021年竣工予定
Ⅱ期工事(百貨店+オフィスの全面開業) オフィス部分は2022年竣工予定

 

百貨店ゾーンとオフィスゾーン

オフィスゾーン(2期) 「オフィス」は阪神百貨店の上層階に設置される(11F~38F)
11Fには4,000平米の「カンファレンスゾーン」と「スカイロビー」が作られる
10階は機械室で百貨店部分とオフィス部分にまたがり床面積約8,000平米
百貨店ゾーン(1期、2期) B2~9Fまでの11フロア
旧新阪急ビルと阪神百貨店低層階部分に建設される

スポンサーリンク


2018年7月

タワークレーン後方に「開口部」がある。ここを利用して解体するのかもしれない。

 

左側の阪神百貨店1期ビルの側面に2本のレールが設置されており、ゴンドラのようなものが上下している。

1期ビルの側面にも「開口部」があり、1期ビルのオフィス部分の工事を行っているのかもしれない。

関連コンテンツ



-大阪市/大阪府, 阪神百貨店建替

error: Content is protected !!