【兵庫県】姫路市立動物園 2020年移転の方向で協議か?

姫路市立動物園(筆者撮影)

神戸新聞によると、

世界文化遺産「国宝姫路城」内にある「姫路市立動物園」が2020年にも移転協議が本格化するようだ。

お城の動物園、移転か存続か 20年度にも方向性
 世界文化遺産・国宝姫路城の天守に隣接する姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)の移転協議が、本格的に動きだそうとしている。国の史跡でも特に価値の高い「特別史

コメント

姫路市立動物園は1951年、姫路城天守閣の南東の敷地3haに開業した。しかし、施設補修などの工事でも国など許可が必要になっており、整備が困難になってきている。

そのため、移転協議を2020年から本格化する見込み。

子供の頃、行ったことのある動物園で、移転するのはやはり寂しい。

以前、ブログに姫路動物園について「ジャイアントパンダがいると思ったらレッサーパンダだったので泣きそうになった」と書いたと思う。

しかし、よく思い出すと「盛ってました」。

子供時代でも、ジャイアントパンダとレッサーパンダの区別はついていたはずだ。

大人は、子供時代の思い出を美化するものだ。

その「大人の美化された思い出」のために、再開発が停滞してはならない。

今の子供たちには「新しい動物園」で新しい思い出を作ってもらいたい。

 

姫路城(筆者撮影)

アクセス

error: Content is protected !!