KDDI 大阪環状線の駅(ホーム)と駅間で5G化完了(2021年9月)

KDDIは、2021年9月13日、JR東日本「山手線」とJR西日本「大阪環状線」の駅間の5G通信ネットワークの構築を完了した。

すでに、2021年6月、JR「山手線」全30駅のホームとJR「大阪環状線」全19駅のホームは5G化されていた。

今回は、各駅間も5G化が完了した。

また、「JR中央・総武線、京浜東北線、埼京線」と「西武鉄道新宿線」の計47駅のホームで5G化が完了した。

参照 KDDI https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2021/09/13/5390.html

東京は、旧国鉄「山手線」を中心に発展してきたが、大阪は阪急・阪神・京阪・近鉄・南海などの私鉄と旧大阪市営地下鉄「御堂筋線」を中心に発展してきた。

本来であれば、大阪メトロ「御堂筋線」を先に5G化すべきだったと思うが、全国的には東西の都心環状線エリアをすべて5G化するという方がアピールできるという思惑もあったと思う。

しかし、全国的に、大阪は大阪メトロ「御堂筋線」沿線が一等地だということをアピールすべきだと思う。

そうでないと、大阪のニーズと違う形で東京の企業が大阪でサービスを開始するので、大阪にとってデメリットになる可能性がある。

実際、東京では山手線駅が一等地なので、大阪メトロ「御堂筋線」沿線が大阪の一等地という認識がない東京の企業もある。

JR大阪環状線とJR山手線(東京)の比較

路線名JR大阪環状線JR山手線(東京)
駅数19駅30駅
路線長さ21.7km34.5km
線路数複線複線(一部複々線)
所要時間約40分約65分
環状運転開始1964年3月22日(開通1961年4月25日)1925年11月1日
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました