【全国百貨店売上高】2023年1月~12月 5兆4211億円(東京1兆6,070億円、大阪8,765億円、神戸1,394億円)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

阪急うめだ本店(大阪市)

日本百貨店協会が発表した2023年1月~12月の全国百貨店売上高によると、全国で5兆4211億円で、前年比+9.2%の増加となった。

2019年の売上5兆7547億円の94%まで回復した。

地区別では、東京1兆6070億円(前年比+10.8%)、大阪8,765億円(前年比+17.4%)、神戸1,394億円(前年比+12.0%)だった。

 

2023年1月~12月 年間百貨店売上高

地区 2023年売上高(2019年) 対前年比
全国 5兆4,211億円(5兆7,547億円) +9.2%
東京 1兆6,070億円(1兆5,975億円) +10.8%
横浜 3,319億円     (3,523億円) +3.4%
名古屋 3,808億円     (3,674億円) +11.2%
大阪 8,765億円     (8,486億円) +17.4%
京都 2,417億円     (2,382億円) +15.3%
神戸 1,394億円     (1,397億円) +12.0%
札幌 1,479億円     (1,583億円) +12.1%
仙台 728億円        (759億円) +4.0%
広島 915億円        (1,200億円) +0.1%
福岡 2,264億円     (2,101億円) +16.5%

 

コメント

2023年5月8日に、新型コロナウイルス感染症の分類が「5類」に引き下げられたことで、経済活動が活発になり、高額品中心に売上高が増加した。

また、2023年の年間訪日外国客数は約2,500万人(2019年は3,188万人)と急速に回復し、免税売上高も年間3,484億円とデータがある2015年以降で過去最高となった。

 

関西地区

大阪地区の年間売上高は8,765億円で、神戸地区1,394億円の6.3倍となった。

error: Content is protected !!