ニュース 話題

関西の成長率1.8% 2018年度予測

シンクタンクのアジア太平洋研究所(大阪市)は、2018年度の関西の実質域内成長率が前年度比+1.8%との予測を発表した。

スポンサーリンク


関西の実質域内成長率

  • 2016年度 +0.1%
  • 2017年度 +2.5%
  • 2018年度 +1.8%
  • 2019年度 +1.0%
  • 2020年度 +0.8%

引用 アジア太平洋研究所 http://www.apir.or.jp/ja/research/asis-economy/6319/

2018年度の関西の成長率は+1.8%と好調だが、2017年度の+2.5%よりも成長率が鈍化している。さらに2020年度は成長率が+0.8%まで低下すると予想している。

2019年の消費税8%⇒10%の引上げの影響で経済成長率が鈍化すると予測している。

 

コメント

関西の経済成長の要因は「インバウンド」と「ホテル・マンション建設」だ。

ホテルやマンションの不動産投資は、インバウンド、都心回帰から増加している面もある。

しかし、東京の不動産価格が上昇し、大阪は東京よりも2割~3割安いため、投資資金が流れ込んでいる。

アジア太平洋研究所は、現在のホテル稼働率から見て、ホテルの過剰投資の傾向はないとしているものの、不動産価格の高騰には注意が必要かもしれない。

関連コンテンツ



-ニュース 話題

error: Content is protected !!