ニュース 話題 大阪市/大阪府

旧自衛隊豊中分屯地、4万4000平米 最低入札価格41億円で売却(大阪府豊中市)

2017/12/29

旧自衛隊豊中分屯地(大阪府豊中市 出典 財務省近畿財務局)

財務省近畿財務局では平成29年度第3回期間入札で、大阪府豊中市の旧自衛隊豊中分屯地を売却する。

入札書受付期間
平成30年1月5日(金曜日)午前9時~平成30年1月19日(金曜日)

スポンサーリンク


旧自衛隊豊中分屯地跡地 物件概要

名称 旧自衛隊豊中分屯地跡地
住所 大阪府豊中市北緑丘1丁目150-1
地目 宅地
用途 1種中高層専用/1種住居
敷地面積 43,917平米
建ぺい率 60%
容積率 200%
最低売却価格 41億4000万円

 

 

1,000戸規模のマンション建設も可能?

敷地面積が43,917平米で容積率が200%なので、延床面積は最大87,834平米となる。

平均面積70平米~80平米のマンションとすると、1,000戸分に相当する規模になる。

マンションの平均売却価格を4,000万円とすると、総額400億円のビジネスになるかもしれない。

 

一戸建ての可能性は低い

いわゆる新興住宅地(一戸建て)も考えられるが、50坪(165平米)の住宅が200戸(総面積33,000平米)程度になる。

道路や公園用地を作る必要があり、実際に宅地分譲できるのは開発面積の8割程度になるためだ。

1戸7,000万円で分譲しても、総額140億円で、マンションの400億円と比較すると総額が少なくなるので、一戸建ての可能性は低い。

 

高級住宅地の可能性も低い

1戸100坪(330平米)だと100戸分譲できるが、1戸2億円で販売しても、総額200億円なのでマンションの総額400億円より少なく、可能性は低い。

 

商業施設は建設できない

広大な土地なので、大規模商業施設が建設されるのではと噂されたが、用途が「1種中高層専用/1種住居」なので、大規模な商業施設は建設できない。

 

コメント

今回売却される土地は、豊中のロマンチック街道を北上し、国道171号線の手前に位置する。

写真では寂れた感じで、阪急箕面線桜井駅から約2km、千里中央から約3km程度と駅から遠く、バス利用となるが、住宅地としてはかなり環境がいい。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!