ニュース 話題 大阪市/大阪府

【大阪北部地震】枚方市駅はどうなった?【2018年6月22日】

2018/06/23

2018年6月22日撮影

大阪北部地震の関係で、枚方方面に行くことになったので、京阪・枚方市駅周辺を撮影した。

遠目に見た感じでは、枚方市駅周辺のビルは地震の被害をほとんど受けていないようだった。

駅前については、バス・タクシーとも通常通りで、行列は発生していない。
スポンサーリンク


枚方 T-SITE

枚方T-SITEは2016年に開業したばかりで、建物は地震の影響は感じられない。しかし、食事したレストランのスタッフさんのお話では、「ビン類が落ちた」そうです。

書店の様子

「ひらかたサンプラザ1号館」も、特に外観からは、地震の被害はないように見えた。

駅前の歩道橋の1つは、「路面タイルが破損したので、通行止め」になっていた。
スポンサーリンク


京阪・枚方市駅のホーム(上り)待合室は、ガラスは割れてないが、上部のレール部分が変形しているように見えた。

待合室のガラス扉の上部のレール

京阪・枚方市駅の改札階の柱は、地震の補修ではなく、駅リニューアル工事によるもの。

スポンサーリンク


2018年年末 枚方市駅リニューアル完成予想図

2018年6月22日現在の京阪・枚方市駅の店舗の様子

無印良品が2018年5月に京阪・枚方市駅の改札階にオープンした。

駅の店舗はリニューアルのため閉店している。駅の床面は木目調でクッション性のある素材が使用されている。

大阪メトロ御堂筋線梅田駅北口も、クッション性のある素材でリニューアルされており、今後も各駅にも、クッション性のある素材が使われるかもしれない。

スポンサーリンク


ブログって誤解を受けやすいので説明すると、「枚方でお金を使うこと」が地震からの復興に役立つ思って枚方で食事した。

枚方T-SITE 10Fのレストラン

屋内席とテラス席がある

サラダ

ハンバーグはスキレットででてくる

パンと別料金のドリンク(+200円)

コメント

京阪・枚方市駅周辺は、ほとんど地震の被害は感じられないが、すこし離れるとブルーシートで屋根を補修している家が数軒あった。

戸建て、マンションともに、食器などが落下して、かなりの被害が出ている。そういう建物内部の被害は外観から分かりにくいので、行政などの救済の手が届かない。

枚方T-SITEから南東を撮影。眺望はいいのだが、この中で地震の被害を受けた人がいると思うと、複雑な気持ちになった。

枚方出身で、今、遠方に住んでいる人に、少しでも、枚方の様子が伝わればと思って記事を書いた。

外観はそれほど大きな被害はないが、建物内部は、食器などが落下して大変だと思う。

 

地震の被害を伝えるって難しい。

例えば、

この写真に「地震直後の駅の様子」ってキャプションを入れてブログに書くと、多くの人は誤解するだろう。

「地震直後の駅の様子」には間違いはないが、それでも、間違った情報が拡散する可能性がある。

某ブロガーは、「外資系カフェが〇〇に出店する」と予想した記事を書いたが、また間違っていた。

「予想」と書いているから、本人的には大丈夫と思っているかもしれない。

しかし、予想された店のオーナーの立場に立てば、外資系カフェが出店すると思ったのに違ったため客から残念と思われて、経営的に損害を被る可能性がある。

数千万円の開業資金を費やしたビジネスかもしれないのに、ブロガーに間違った予想されて経営がうまくいかなかったら、このブロガーはどう責任を取るのか?

そういうブロガーは、街のためにならないし、むしろ、その街を衰退させる害悪でしかない。

いい大人が、なんで店を出店する大変さや、オーナーの思いを理解できないのだろうか?

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!