ニュース 話題

豊中、池田、箕面が合併、政令指定都市「北摂市」になる?

2017/06/14

大阪自民が政令指定市プランを提案

2017年6月5日(月) 自由民主党大阪政経懇談会にて「おおさか政令市プラン ~大阪の新しい大都市制度~」の政策発表が行われた。

それによると、大阪府下の市町村をすべて合併して8政令市に再構成する。

大阪市、堺市、に加えて新政令6市になるプランと思われる。(当ブログ分析)。

また、市町村合併の例として、現在、北摂3市2町が合同して教員採用していることが取り上げられた。

MBS HPより引用

例えば教員採用では現在、北摂の3市2町が合同で行っていますが、こうした取り組みを増やしていき、やがて政令市にできればというのです。

この「北摂の3市2町」とは、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町のことを意味する。

各市町の人口

豊中市 39万7000人
池田市 10万3000人
箕面市 13万5000人
豊能町 2万0000人
能勢町 1万0000人
合計 66万5000人

政令市の条件

現在の慣行では、人口が70万人以上で将来的に100万人まで増加する見込みがあることが政令市の条件となっている。

 

コメント

自民党大阪府連が維新の「都構想」に対抗して「政令市プラン」を作ったと思われる。これに対して「維新の会」はあくまでも「都構想」を推進すると見られる。

 

スポンサーリンク



-ニュース 話題

error: Content is protected !!