コラム 小説 ニュース 話題

【世界最大】イスタンブール空港開港【年間目標2億人】

2018/10/31

トルコのイスタンブールに世界最大規模の国際空港「イスタンブール新空港」が2018年10月29日開港した。

 
スポンサーリンク


イスタンブール新空港の規模

イスタンブール新空港 羽田空港 関西空港
滑走路本数 6本 4本 2本
総面積 7,594ha 1,516ha 1,067ha
年間利用者数 2億人(目標) 8,541万人 2,900万人

世界では、巨大空港が誕生している。

関空の利用者も増加しているが、それでも世界と比較すると小さい。

 

しかし、神戸人は、関空の国際線を移管するように要望している。

世界を俯瞰して見れば、小規模な国際線を分割することは、関西全体のデメリットになる。

神戸人の田舎臭い小市民的な発想では、関西の成長にブレーキがかかるだけだ。

 

コメント

最近のアクセス記録では、リンク先として

  • https://discover.google.com/
  • https://www.googleapis.com/auth/chrome-content-suggestions

この2つからのアクセスが増加している。

どうやら、グーグルの「おすすめ記事」やグーグルアプリの「フィード」にこのブログが表示されているらしい。

 

小市民的で頭のおかしい神戸人は、当ブログに絡んでくが、逆にそのことで当ブログへのアクセスが増加している。

神戸人って何にも考えていないんだな。

 

神戸人は戦略、戦術がない

「大阪のような空港が欲しい。大阪のような超高層ビルが欲しい」

と大阪の真似ばかりしている田舎者だから神戸は衰退したのだ。

「神戸空港の国際化」も小市民的発想で、関西全体を考えるとマイナスでしかない。

 

空港も家電メーカーのように中国、韓国に負けるのか?

1990年~2010年にかけて、日本の家電・携帯・スマホメーカーは約20社が乱立し、日本国内の販売競争で企業体力を失い、中国や韓国メーカーに敗れ去った。

家電メーカーも、まさか中国や韓国メーカーに負けるとは思っていなかっただろうが、現実には日本メーカーは競争に敗れた。

空港も同じで、関空と神戸空港で国際線を巡って争っている間に、海外では巨大空港が次々と開業している。

やがては、家電メーカーのように日本の空港は中国や韓国の空港に負けるかもしれない。

そういう危機感がない神戸人は国際人ではなく単なる田舎者に過ぎない。

関連コンテンツ



-コラム 小説, ニュース 話題

error: Content is protected !!