ニュース 話題 大阪市/大阪府

【おおさか東線】(仮称)JR淡路駅と阪急淡路駅はどう接続するのか?【2019年春開業】

(仮称)JR淡路駅(2018年7月撮影)

「おおさか東線」は2019年春に開業する予定で、JR新大阪駅から2番目の駅「(仮称)JR淡路駅」の外観はすでにほぼ完成している。

この「(仮称)JR淡路駅」は、「阪急 淡路駅」との接続駅になるが、300m程度の距離がある。

どのように接続するのだろうか?

スポンサーリンク


「現地案内図を加工」

「(仮称)JR淡路駅」の開業は2019年春で、阪急淡路駅の高架切替工事は2025年頃竣工予定(全体工事は2028頃竣工予定)なので、来年春の「(仮称)淡路駅」開業時には、一度、道路に出て乗り継ぐことになると予想される。

「(仮称)JR淡路駅」前から阪急線方面を見ても、「連絡橋」の工事は実施されていない。

したがって、2019年春の開業時には「阪急-JR連絡橋」は出来ないと思われる。

スポンサーリンク


(仮称)JR淡路駅前の道路は歩道も整備されて歩きやすい。

阪急京都線の側道ルートは、ショートカットになるかもしれないが、阪急京都線の高架工事中で側道が狭くなっているので歩きにくい。

 

乗換所要時間予想

阪急淡路駅と(仮称)JR淡路駅の距離は約300m徒歩4分だが、阪急淡路駅のホームから(仮称)JR淡路駅のホームまでを考えると、7分~8分くらいかかると思われる。

 

コメント

阪急京都線淡路駅~梅田駅の所要時間は特急で8分。

一方、2023年に(仮称)北梅田駅が開業した場合、阪急淡路駅からJR淡路駅に乗り換えて「おおさか東線」経由で北梅田駅まで行くと、乗り換え時間7分~8分を含め18分くらいかかりそうだ。

時間的にはメリットはないが、西梅田方面に行く場合など、(仮称)JR淡路駅に乗り換える需要はあると思われる。

希望を言うと、阪急今津駅と阪神今津駅のように「連絡橋」で乗り換えできるようになれば便利だと思う。

阪急淡路駅を出て、(仮称)JR淡路駅を見た感じ。すでに、マンションやビルが建設されている。

阪急線とJR線の乗り換え駅となるので、交通は格段に便利になると思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!