JR大阪駅(うめきた地下ホーム)の地上部施設「うめきたグリーンプレイス」2025年春開業、「駅前広場」「連絡デッキ」は2024年9月供用開始

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

完成予想図(変更の可能性あり)

JR西日本は、JR大阪駅北側の「グラングリーン大阪(うめきた2期地区)」に「うめきたグリーンプレイス」を2025年春に開業する予定。

2023年3月に開業した「JR大阪駅(地下ホーム)」の地上施設となる。

うめきたグリーンプレイスの規模は、地上3階建・敷地面積12,500㎡・延床面積約9,200㎡、店舗面積3,750㎡、20店舗。

また、施設全体の完成前の2024年9月に「駅前広場」「連絡デッキ」等を先行して供用開始する。

フロア構成

  • 3階 :緑が豊かで開放的な空間を活用したイタリアンやバー
  • 2階 :都市型フードコート・カフェ・コンビニ・テイクアウト店・JR大阪駅への歩行者デッキ
  • 1階 :駅利用者のクイックニーズに対応する物販店舗・うめきた公園利用者に対応するテイクアウト食物物販店舗

 

出典(JR西日本)

うめきたグリーンプレイス概要

名称 うめきたグリーンプレイス
敷地の位置 大阪市北区大深町1番39の一部・210番の一部
敷地面積 12,493.78㎡
建築面積 4,293.33㎡
延床面積 9,218.02㎡
容積対象面積 8,339.27㎡
階数 地上3階・地下1階
構造 鉄骨造
高さ 20.30m
店舗面積 約3,750㎡
店舗数 20店舗
ビル主要用途 歩行者広場、商業施設、連絡デッキなど
駅前広場主要用途 観光バス・タクシー乗降場等
着工 2023年12月15日
開業(完成)時期 2024年9月 一部供用開始(駅前広場・連絡デッキ等)
2025年3月31日 全面完成(商業施設含む)
建築主 JR西日本、三菱地所、三井住友信託銀行他9社
設計 JR西日本
施工 大鉄工業
商業施設運営者 JR西日本大阪開発株式会社

2024年1月

2024年1月

2024年1月

ルクアイーレ2Fとペデストリアンデッキで接続する。

 

出典 JR西日本

2024年1月

2024年1月

2024年1月

イノゲート大阪(左)とグラングリーン大阪(右)も別のペデストリアンデッキで接続されると予想される。

出典(JR西日本)

 

建築計画のお知らせ

立面図

配置図

出典(JR西日本)

 

連絡通路

error: Content is protected !!