中部電力の売上高は関電よりも大きい?(2023年3月期決算)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

関西電力本社(右)

 

電力各社の売上高(2023年3月期)

(当ブログ調べ)

会社名売上高(2023年3月期)営業損益(2023年3月期)
東京電力7兆7986億円-2,289億円
中部電力3兆9866億円1,070億円
関西電力3兆9518億円-520億円
東北電力3兆0072億円-1,800億円
九州電力2兆2213億円-729億円
北海道電力8,888億円-225億円
四国電力8,332億円-122億円
北陸電力8,176億円-737億円
沖縄電力2,235億円-484億円

 

関西電力の2023年3月期の売上高は3兆9518億円、中部電力は3兆9866億円で、関電よりも348億円多かった。

営業損益も中部電力は1,070億円の黒字、関電は-520億円の赤字と収益的にも関西電力が劣勢になっている。

関電は原子力発電の比率が高く、長期間の原発停止により、割高なスポット市場からLNGなどのを調達せざるを得なかったのかもしれない。

一方、中部電力は、原発の比率が低く、恐らくLNGなどを長期契約で割安に調達できているのではないか?

 

関電の今後

電気自動車などが普及すると電力使用量が増加する可能性はある。

しかし、省エネ機器も普及しており、電気使用量が大幅に増加する見込みはない。

関電不動産開発などの不動産事業、通信・データセンター事業を本格的に展開する必要があるのではないか?

 

補足

北海道電力(売上高8,888億円)、四国電力(売上高8,332億円)、北陸電力(売上高8,176億円)の3社は売上高が同規模だ。

しかし、四国だけ新幹線がない。

error:Content is protected !!