ニュース 話題 プロジェクト 交通 神戸/兵庫

【神戸空港増便のためか?】2019年度下期 国土交通省管制官募集【大阪航空局管内の空港に配属】

国土交通省は、2019年下半期採用(2019年10月1日以降)の管制官を「若干名」募集すると発表した。

採用条件

  • 航空交通管制業務に係る技能証明(飛行場管制)
  • 航空管制等英語能力証明
  • 航空無線通信士
  • 過去1年以内に飛行場管制業務に従事した実績があること
  • 平成31年4月2日現在で55歳以下であること

と実務経験の有る人材を募集している。

また、配属先は「大阪航空局管内のいずれかの空港」とされ、神戸空港の運用時間延長に対応するため、増員するのかもしれない。

 

引用 国土交通省

https://ocab.mlit.go.jp/news/saiyou/pdf/2019shimo_kanseikan_A.pdf

 

神戸空港規制緩和案

神戸空港 現在の運用 規制緩和案
運用時間 午前7時~午後10時(15時間) 午前7時~午後11時(16時間)
発着枠 1日60回(30往復) 1日80回(40往復)

 

管制官の業務(当ブログ予想)

管制官の役割 業務内容 伊丹空港 神戸空港
管制席 離着陸の許可 1人 1人
グランド席 地上走行 1人
調整席 他の管制機関との調整 1人 1人
デリバリー席 飛行コース高度 1人 1人

管制官は3人~4人のチームで管制業務を行うが、神戸空港の場合は「3人1チーム」で「2交代」で管制していると思われる。

3人1チームで2交代で6人だが、週休2日の勤務体系のため交代要員が2人必要で合計8人になっていると思われる。

運用時間の延長は1時間だが、恒常的に超過勤務をさせるわけにはいかず、「1チーム3人+交代要員1人」の合計4人の増員が必要になると思われる。

 

コメント

当ブログでは、管制官の人件費を2020年度予算に盛り込むと予想し、神戸空港の増便及び1時間の運用延長を2020年10月以降と予想していた。

しかし、2019年10月以降に大阪航空局管内の空港配属の管制官を「若干名」募集したため、神戸空港の増便及び1時間の運用延長は早ければ2020年3月末の「春ダイヤ」になるかもしれない。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, プロジェクト, 交通, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!