クリエイティブラボ神戸(神戸医療産業都市)の「ウェットラボ」に「神戸市外郭団体・神戸医療産業都市推進機構」が入居

完成予想図(出典 神戸市)

クリエイティブラボ神戸(CLIK)は、神戸市のポートアイランドにある神戸医療産業都市の研究開発拠点で2020年9月に竣工し、2020年10月に竣工記念式典を開催した。

クリエイティブラボ神戸 物件概要

名称クリエイティブラボ神戸(CLIK)
所在地神戸市中央区港島南町6丁目3番7
用途レンタルラボ・オープンイノベーション拠点
敷地面積約5,066㎡
延床面積約12,268㎡
構造鉄骨造
階数地上6階
事業主神戸都市振興サービス(神戸市外郭団体)
整備費約39億円(土地取得費などを除く)
施工業者明和・関建特定建設工事共同企業体(建築工事)
川崎設備工業株式会社(機械設備工事)
西部電気建設株式会社(電気設備工事)
着工予定2019年6月
竣工予定2020年9月

クリエイティブラボ神戸に神戸市外郭団体である「神戸医療産業都市推進機構」が入居している。

また、運営は神戸市外郭団体である「神戸都市振興サービス」が担当する。

神戸医療産業都市推進機構の事業は「神戸医療産業都市の推進に係る企画立案、人材育成、学術集会、情報発信、産官学医の連携・融合促進及び国際交流等」だが、「再生・細胞治療の研究開発」「医療機器の研究開発」「医薬品の研究開発」も主な事業としてHPに記載されている。

クリエイティブラボ神戸に入居しているのは、「次世代医療開発センター(HBI)」で1Fで動物実験、6Fに4つの研究部が入居する。

神戸医療産業都市推進機構の研究部門を集約し、本庶理事長マネジメントのもと自己免疫疾患など新たな治療法が求められる疾患に関する治療法の研究開発を行い、企業との連携も加速させるとしている。

 

出典 クリエイティブラボ神戸(CLIK)

6階建ての建物のうち、6階と1階の全フロアと5階の一部を神戸医療産業都市推進機構が使用している。

神戸医療産業都市は、民間の研究所が集積しているイメージで、本施設についても「クリエイティブラボ神戸(CLIK)は、スタートアップから大企業までのあらゆる企業や研究機関、アカデミアなどの多様なニーズに応えるウェットラボを提供する、神戸医療産業都市の新たな中核施設です。」と謳っている。

しかし、この「神戸医療産業都市の新たな中核施設」は意外にも神戸市の外郭団体が施設の3割~4割を占めている。

しかも、神戸市が資金を出して、外郭団体が施設を建設して、外郭団体が入居し、別の外郭団体が運営をするというスキームだ。

ここまでくると、神戸市立の施設にして、神戸市議会で予算管理した方が透明性が高まると思う。

 

 

久元きぞう公式WEBサイトより引用

国内最大級のバイオメディカルクラスターとして成長した「神戸医療産業都市」に、スタートアップから大企業までが入居する新たな施設「クリエイティブラボ神戸(CLIK)」が令和2年10月10日にオープンしました。100社以上が入居可能で、入居者が交流し、新たなイノベーション(技術革新)を次々と生み出す拠点になります。

https://hisamoto-kizo.com/achievement/achievement0027/

当ブログからの質問

開設から1年半が過ぎましたが、どのような「新たなイノベーション(技術革新)」が生み出されたのでしょうか?

「スタートアップから大企業までが入居する新たな施設」とありますが、施設の3割~4割が神戸市の外郭団体が占めるというのは、当初の想定なのでしょうか?

そうであれば、「スタートアップから大企業までが入居する新たな施設」という表現の中に「外郭団体が入居する」と書かれていないのはなぜでしょうか?

神戸市などの補助制度

神戸市への進出企業へは家賃補助などの補助制度がある。

出典 神戸市(2022年5月)

出典 神戸市(2022年5月)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました