「こども本の森 神戸」2022年春開館【神戸市中央区 東遊園地】安藤忠雄氏設計・寄贈

出典 神戸市

安藤忠雄建築研究所が建設し、神戸市に寄贈する予定の「こども本の森 神戸」が、2020年9月に準備工事に着手した。今後、2020年11月に本体工事に着手し、2022年春に開館する予定。

場所は、神戸市役所の南側「東遊園地」で、JR三ノ宮駅から徒歩約15分。

出典 神戸市

 

2020年10月筆者撮影

出典 神戸市(矢印は当ブログで加筆)

 

2020年10月(神戸市役所から筆者撮影)

「こうべ花時計」を包み込むような形で建設される。

 

2020年10月(神戸市役所から筆者撮影)

 

こども本の森 神戸 物件概要
名称こども本の森 神戸
所在地神戸市中央区加納町6丁目(東遊園地内)
用途図書館(絵本・図鑑・写真集・児童文学・震災・神戸関連)
敷地面積(東遊園地)約27,000㎡
建築面積約600㎡
延床面積約600㎡
蔵書数2万5000冊程度
階数
構造
高さ
建築主
設計安藤忠雄建築研究所
施工
着工予定2020年11月
竣工予定2021年12月
開館予定2022年4月
地図

 

出展 神戸市

建築面積と延床面積が共に約600㎡と同じなので、1階建てということかもしれない。

 

出典 神戸市

2023年夏には、税関線前歩道橋が完成する予定で、三ノ宮駅からウォーターフロントへ人の流れができるかもしれない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました