東京建物 神戸市の「日本真珠会館」跡地に「13階建て複合施設(共同住宅53戸を含む)」2026年6月竣工予定

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 東京建物

東京建物株式会社は、2023年3月に閉館した神戸市中央区の「日本真珠会館」跡地を「共同住宅・展示場・事務所を含む複合施設」として開発する。

建物の規模は、地上13階建・延床面積約5,800㎡で2026年6月頃竣工予定。

建物用途は、共同住宅(総戸数53戸)・展示場・事務所。

 

位置図

 

施設名 日本真珠会館再生事業
所在地 兵庫県神戸市中央区東町122 番1、伊藤町121 番2(地番)
用途 共同住宅・展示場・事務所
敷地面積 743.79㎡
延床面積 約5,802 ㎡
階数 地上13階、地下1階
総戸数 53戸
構造 鉄筋コンクリート造
事業主 東京建物株式会社
着工 2024年6月末
竣工 2026年6月頃
アクセス JR三ノ宮駅から徒歩12分

 

旧建物を所有していた日本真珠輸出組合(神戸市)が再開発ビルの1階・2階部分に新たな「日本真珠会館」を設け、旧建物にあった「神戸パールミュージアム」や「入札会場」などの施設を再オープンする予定。

また、2023年10月に東京建物は定期借地権設定契約を締結しているので、住宅は「定期借地権付き分譲マンション」になると予想される。

error: Content is protected !!