ニュース 話題 プロジェクト 交通 神戸/兵庫

【2019年5月】スカイマーク 神戸空港に1機追加配備

神戸空港(筆者撮影)

神戸新聞によると、

2019年5月に、スカイマークが神戸空港にボーイング737-800型機(177席)を追加配備する。神戸空港の運用拡大(深夜国内線・国際線)に備える目的があるという。

引用・参照

 

神戸空港

 

神戸空港スカイマーク格納庫

スポンサーリンク


コメント

神戸空港の運用拡大については、関西3空港懇話会で決定すると見られ、2019年4月以降の開催を調整している。

 

運用拡大とは?

一番有力なのが、現在午後10時までとなっている神戸空港の運用時間を2時間程度延長することと思われる。

国際線については、国際線ターミナル建設、CIQ(税関・出入国管理・検疫)を設置する必要がありそう簡単ではない。

 

南の島のスカイマーク

スカイマークは、2019年3月22日~30日、成田~サイパン路線に国際チャーター便を期間限定で就航させる。

2019年5月にデルタ航空が「成田~サイパン」路線を運休することから、スカイマークとしては他社と競合しない「サイパン(パラオ)」路線に就航したい意向と思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, プロジェクト, 交通, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!