阿蘇くまもと空港「新ターミナルビル」2023年3月23日開業【熊本国際空港株式会社】

出典 熊本国際空港株式会社

熊本国際空港株式会社は、阿蘇くまもと空港の「新旅客ターミナルビル」の建設に2021年1月15日に着工し、2023年3月23日に開業する予定。

建物の規模は、4階建・延床面積37,500㎡、設計は日建設計・梓設計JV、施工は大成建設が担当する。

別々の建物にあった国内線と国際線のターミナルを一体化するもので、新ターミナルビルの延床面積は従来の約1.4倍となる。

さらに、保安検査後の待合エリアに、国内初の「滞在型ゲートラウンジ」を整備する。投資総額は183億円。

地図

阿蘇くまもと空港「新旅客ターミナルビル」概要

出典 熊本国際空港株式会社

施設名阿蘇くまもと空港「新旅客ターミナルビル」
所在地熊本県上益城郡益城町小谷1802-2
敷地面積176ha
滑走路3,000m(長さ)×45m(幅)
運用時間14時間(7:30~21:30)
利用者数約328万人(国内線316万人+国際線11万人)2019年度
延床面積37,500㎡(うち制限エリア内店舗面積2,500㎡)
投資総額183億円
階数地上4階
構造鉄骨造
設計日建設計・梓設計JV
施工大成建設
着工2021年1月
開業2023年春
アクセスJR熊本駅まで空港リムジンバス55分(800円)

 

出典 国土交通省

2020年4月から民間企業「熊本国際空港株式会社」が空港運営を行っている。三井不動産を代表企業とする「MSJA・熊本コンソーシアム」が「熊本国際空港株式会社」に出資している。

 

制限区域内「滞在型ゲートラウンジ」

出典 熊本国際空港株式会社

3階の保安検査後の待合エリアに、国内初の「滞在型ゲートラウンジ」を整備する。なお、この滞在型ゲートラウンジは 「内際共用」として国際線旅客も利用可能。

 

食と旅をテーマにした商業施設

新ターミナル東側の隣接地に、食と旅をテーマにした商業施設(約1400㎡)も2023年3月に同時開業予定。

 

旅客数予想(暦年)

旅客2019年(実績)2027年(目標)
国内線332万人400万人
国際線17万人86万人
合計349万人486万人

 

ホテル建設計画
新ターミナルビルから駐車場を越えた南側敷地に延床面積8,400㎡のホテルを新築する計画がある。

 

現在の国際線ターミナルビル跡地利用計画

現在の国際線ターミナルビルを撤去した後の敷地には、イベントなどができる広場を2024年に完成させる計画

 

鉄道アクセス改善案

現在、阿蘇くまもと空港からJR熊本駅までは空港リムジンバスで55分時間(800円)かかる。

一方、福岡空港から地下鉄5分でJR博多駅まで行き、新幹線32分でJR熊本駅まで行ける。福岡空港から乗り換え時間を含め約1時間でJR熊本駅までいけるので、熊本空港のアクセス改善の必要性がある。

具体的にはJR豊肥本線「三里駅」から分岐ルート(380億円)が検討されている。

工期は8年で最短2033年度末となる見通しで、建設費も380億円から+150億円増加し500億円以上となる予想。

 

出典 国土交通省

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました