ニュース 話題 神戸/兵庫

素人ブロガーの戯言

日本は言論の自由があるから、ブログに何でも書いていいが、間違ったこと書いたらあかんやろ。

例えば、地下街っても、実は、「商業施設」の場合と、「公道」の場合がある。

見た目は、ほとんど同じだが、プロが見れば、「公道」か「商業施設」か分かる。

どこが違うかというと、「公道である地下街」で営業するには、「道路占有許可」が必要となる。

スポンサーリンク


オープンカフェの設置も法律の制限がある

最近、日本でも「オープンカフェ」が増えてきたが、これも、私有地の「オープンカフェ」と「公道(歩道)」のオープンカフェがある。

私有地の「オープンカフェ」は保健所の「飲食店営業許可」または「喫茶店営業許可」を取れば、自由に設置できる。

しかし、歩道に「オープンカフェ」を設置する場合は、「道路占有許可」や「道路使用許可」が必要になる。

 

コメント

知識のない人は、「広場」を見てそれが法律上、「道路」「公園」「地下街」「私有地」なのか区別ができないようだ。

「道路」には、オープンカフェのようなものは許可を受ければ設置できるが、基本的には通行用途以外の構造物は建設できない。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!