【神戸市】新港第2突堤に「集客施設」2025年開業【神戸ウォーターフロント開発】 

出典 神戸市(当ブログで加筆)

神戸市は、神戸港の新港第2突堤に「集客施設」(ホテルや文化施設)を2025年に開業する。

名称神戸港・新港第2突堤・その基部開発計画
所在地神戸市中央区新港町124番地外2筆
面積27,540㎡(突堤部 約19,340㎡、基部約 8,200㎡)
内容「集客施設」(ホテルや文化施設)
開業予定2025年

位置図(出典 神戸市)

2020年10月(神戸市役所から撮影)

 

神戸港新港再開発計画(当ブログまとめ)
開業年(予定)エリア内容
2015年新港第1突堤神戸みなと温泉 蓮(ホテルと温泉施設)
2021年~順次突堤の基部(付け根部分)「神戸ポートミュージアム」(水族館などの複合施設)やオフィスビル、マンションが
2025年新港第2突堤・基部「集客施設」(ホテルや文化施設)
  • 新港第1突堤にはホテルと温泉施設が2015年に開業している。
  • 現在、突堤の基部(付け根部分)を再開発しており、2021年から「神戸ポートミュージアム」(水族館などの複合施設)、オフィスビル、マンションが順次竣工する。

引用・参照 神戸新聞 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202010/0013810113.shtml

地図

神戸三宮とのアクセスの改善
神戸のウォーターフロントである「新港・第1突堤」へは、JR三ノ宮駅から徒歩20分とアクセスが悪い。
そこで、神戸市は2020年4月から、三宮駅前から税関前、新港町、ハーバーランド、メリケンパークなど神戸のウォーターフロントを巡回する「連接バス(全長18m・定員120人)」の運行を開始する。(プレ運行は2021年1月から)

 

出典 神戸市

2020年10月筆者撮影

神戸市は再開発が進む「ウォーターフロント」と「三宮駅周辺」との回遊性を高め、分断感を緩和するため、税関前歩道橋の設計コンペを実施した。

その結果「エイト日本技術開発」案が最優秀作品に決定し、2023年頃に完成する予定。

 

神戸市役所(筆者撮影)

神戸市役所から南側は人通りが少なく、「賑わい演出」が課題となっていた。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました