横浜市旧市庁舎街区活用事業(地上33階建・延床面積約13万㎡)2026年春開業「OMO7横浜 by 星野リゾート(仮称)280室」

出典 三井不動産

三井不動産など8社は、「横浜市旧市庁舎街区活用事業」に2022年7月に着工した。

今後、2025年12月に竣工・供用開始し、2026年春にグランドオープンする予定。

建物の規模は、地上33階建・延床面積約128,500㎡で、「タワー棟(33階建)」と「横浜市旧市庁舎行政棟(8階建)」の2棟で構成される。

このうち、「横浜市旧市庁舎行政棟」には「OMO7横浜 by 星野リゾート(仮称)280室」が入居し、カフェ・レストランも設置する。

アクセスは、JR根岸線「関内駅」前。

地図

横浜市旧市庁舎街区活用事業 概要

出典 三井不動産

名称横浜市旧市庁舎街区活用事業
所在地神奈川県横浜市中区港町1丁目1番1ほか
敷地面積約16,500㎡
延床面積約128,500㎡
設計施工設計/施工         :鹿島建設株式会社
設計/施工予定者 :株式会社竹中工務店
ランドスケープデザイン :株式会社ランドスケープ・プラス
商環境デザイン :窪田建築都市研究所 有限会社
着工2022年7月
竣工・供用開始2025年12月
グランドオープン2026年春
アクセス
  • JR 根岸線「関内」駅徒歩1分
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅徒歩1分
  • 横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り」駅徒歩7分

出典 三井不動産

出典 三井不動産

出典 三井不動産

出典 三井不動産

ライブビューイングアリーナ(約3,000㎡)

開発エリアの中心には約3,000㎡を誇る、日本初の常設型ライブビューイングアリーナを計画。

大迫力のスクリーンと高性能の音響設備を擁し、様々なスポーツのライブビューイングを楽しめるだけでなく、音楽や飲食等も一緒に楽しめる新たなエンターテインメント空間・体験を創出する。

出典 三井不動産

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました