京都府警察本部新庁舎(2020年6月1日)一部業務開始【京都府庁北側】

 完成予想図(出典 京都府)

京都府警察本部新庁舎は京都府庁の北側に移転し、一部業務を2020年6月1日から開始し2020年10月頃から本格的運用する。

2017年3月から建設され2020年3月末に完成予定だったが、建設業界の週休二日制導入により完成が数か月遅れていた。、

建物の規模は、地上6階、地下2階建・総事業費は117億円で、設計は久米設計、建設は清水・岡野・古瀬・特定建設工事共同企業体が担当した。

 

2019年6月撮影

南部分は最高部の6階で、中央から北側へ階段状に鉄骨が組立られている。

 

 

京都府警察本部新庁舎 物件概要
名称京都府警察本部新庁舎
所在地京都市上京区下長者町通新町西入藪之内町85-3,85-4
用途合同庁舎・自動車車庫
敷地面積41,676.32㎡
建築面積4,227.015㎡
延床面積27,739.742㎡
容積対象外4,739.895㎡
構造鉄骨造(地上)/SRC・RC(地下)
棟数2棟
階数地上6階・地下2階
高さ24.770m(塔屋の高さ 27.910m)
建築主京都府警本部長
設計久米設計
施工清水・岡野・古瀬・特定建設工事共同企業体
着工予定2017年3月31日
竣工予定2020年3月31日

現地 「建設計画の概要」

アクセス

2019年6月撮影

出典 京都府

現在の「京都府警察本部庁舎(今後、文化庁が移転)」と「新庁舎」の間に「新行政棟」を建設し、文化庁と京都府庁第3号館の機能を合わせて使用する。

京都府警察本部庁舎

現在の京都府警察本部庁舎は、耐震工事を実施した後、2021年度までに文化庁が移転し使用する。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました