【2019年1月現況】御堂筋フロントタワー 2018年10月外資系が取得と報道【旧大阪東映会館跡地】

2019年1月撮影(大和証券の左側)

2010年に竣工した「御堂筋フロントタワー」(20階建・延床面積約18,000平米)は、諸般の事情により空室となっていたが、日経新聞によると米不動産投資顧問会社「ラサール・インヴェストメント・マネージメント」(シカゴ)が購入した。

場所は、御堂筋の梅田新道交差点に面する「大和証券大阪支店」の南側で、旧大阪東映会館跡地。

2019年1月取材したところ、低層階フロアの照明がついていた。

スポンサーリンク


御堂筋フロントタワー 物件概要

名称御堂筋フロントタワー
所在地大阪市北区曽根崎新地
敷地面積1,737平米
延床面積18,201平米
階数地上20階・地下1階
竣工2010年

南東から撮影

 

南西部分を撮影

御堂筋フロントタワーの南西には道路を挟んで「ホテルモントレ ル・フレール大阪」がある。

 

南側公道から撮影すると、こちらも照明が点灯していた。

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました