大阪府の最低賃金「1,023円」2022年10月(令和4年)全国47都道府県一覧 全国加重平均961円(+31円)

大阪梅田ツインタワーズ・サウス(JR大阪駅前)

 

2022年度の最低賃金

2022年8月2日、厚生労働省は第64回中央最低賃金審議会が答申した令和4年度(2022年度)地域別最低賃金額改定の目安を公表した。

2022年10月上旬から全国加重平均の最低賃金時給は現在の時給930円から+31円引上げられ時給961円となる。

東京都で1,072円、神奈川県は1,071円、大阪府は1,023円となる。

全国の都道府県をAランク~Dランクの4つに区分けして、それぞれの地域別最低賃金の引上げ額の目安を公表している。

ランク都道府県引上げ額の目安
Aランク(6都府県)埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪+31円
Bランク(11府県)茨城、栃木、富山、山梨、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島+31円
Cランク(14道県)北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、徳島、香川、福岡+30円
Dランク(16県)青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分+30円

22道県が目安以上の引き上げを行う。

地方は人口減少しており、その対策という面もある。

 

2022年度 大阪・関西の最低賃金
各都道府県の審議会で最低賃金額を確定し、2022年10月上旬から改定後の額が適用される。
(以下は当ブログまとめ)
府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
大阪府2022年10月1日1,023円(+31円)992円(+28円)
兵庫県2022年10月1日960円(+32円)928円(+28円)
京都府2022年10月9日968円(+31円)937円(+28円)
奈良県2022年10月1日896円(+30円)866円(+28円)
和歌山県2022年10月1日889円(+30円)859円(+28円)
滋賀県2022年10月6日927円(+31円)896円(+28円)

 

2022年10月大阪府の時間外・休日・深夜別最低賃金(当ブログ試算)

時間帯割増率時給
深夜労働午後10時~午前5時1.251,278円(現行1,240円)
時間外労働午前5時~午後10時1.251,278円(現行1,240円)
(深夜)午後10時~午前5時1.51,534円(現行1,488円)
休日労働午前5時~午後10時1.351,381円(現行1,339円)
(深夜)午後10時~午前5時1.61,636円(現行1,587円)

 

大阪府の最低賃金の推移(当ブログまとめ)

年度(発効日)最低賃金(時間額)前年比
2022年10月1日(予定)1,023円+31円
2021年10月1日992円+28円
(2020年10月1日)据置964円+0円
2019年10月1日964円+28円
2018年10月1日936円+27円
2017年9月30日909円+26円
2016年10月1日883円+25円
2015年10月1日858円+20円
2014年10月5日838円+19円
2013年10月18日819円+19円
2012年9月30日800円+14円
2011年9月30日786円+7円
2010年10月15日779円+17円
2009年9月30日762円+14円

 

2022年度 北海道・東北の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
北海道2022年10月2日920円(+31円)889円(+28円)
青森県2022年10月5日853円(+31円)822円(+29円)
岩手県2022年10月20日854円(+33円)821円(+28円)
宮城県2022年10月1日883円(+30円)853円(+28円)
秋田県2022年10月1日853円(+31円)822円(+30円)
山形県2022年10月6日854円(+32円)822円(+29円)
福島県2022年10月6日858円(+30円)828円(+28円)

 

2022年度 東京・関東の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
茨城県2022年10月1日911円(+32円)879円(+28円)
栃木県2022年10月1日913円(+31円)882円(+28円)
群馬県2022年10月8日895円(+30円)865円(+28円)
埼玉県2022年10月1日988円(+32円)956円(+28円)
千葉県2022年10月1日984円(+31円)953円(+28円)
東京都2022年10月1日1,072円(+31円)1,041円(+28円)
神奈川県2022年10月1日1,071円(+31円)1,040円(+28円)

 

2022年度 甲信越・北陸の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
新潟県2022年10月1日890円(+31円)859円(+28円)
富山県2022年10月1日908円(+31円)877円(+28円)
石川県2022年10月8日891円(+30円)861円(+28円)
福井県2022年10月2日888円(+30円)858円(+28円)
山梨県2022年10月20日898円(+32円)866円(+28円)
長野県2022年10月1日908円(+31円)877円(+28円)

 

2022年度 中部の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
岐阜県2022年10月1日910円(+30円)880円(+28円)
静岡県2022年10月5日944円(+31円)913円(+28円)
愛知県2022年10月1日986円(+31円)955円(+28円)
三重県2022年10月1日933円(+31円)902円(+28円)

 

2022年度 中国の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
鳥取県2022年10月6日854円(+33円)821円(+29円)
島根県2022年10月5日857円(+33円)824円(+32円)
岡山県2022年10月1日892円(+30円)862円(+28円)
広島県2022年10月1日930円(+31円)899円(+28円)
山口県2022年10月13日888円(+31円)857円(+28円)

 

2022年度 四国の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
徳島県2022年10月6日855円(+31円)824円(+28円)
香川県2022年10月1日878円(+30円)848円(+28円)
愛媛県2022年10月5日853円(+32円)821円(+28円)
高知県2022年10月9日853円(+33円)820円(+28円)

 

2022年度 九州・沖縄の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
福岡県2022年10月8日900円(+30円)870円(+28円)
佐賀県2022年10月2日853円(+32円)821円(+29円)
長崎県2022年10月8日853円(+32円)821円(+28円)
熊本県2022年10月1日853円(+32円)821円(+28円)
大分県2022年10月5日854円(+32円)822円(+30円)
宮崎県2022年10月6日853円(+32円)821円(+28円)
鹿児島県2022年10月6日853円(+32円)821円(+28円)
沖縄県2022年10月6日853円(+33円)820円(+28円)

 

 

以下は2021年の情報です

2021年度 北海道・東北の最低賃金

都道府県名発効日2021年(前年比)2020年(前年比)
北海道2021年10月1日889円(+28円)861円(+0円)
青森県2021年10月6日822円(+29円)793円(+3円)
岩手県2021年10月2日821円(+28円)793円(+3円)
宮城県2021年10月1日853円(+28円)825円(+1円)
秋田県2021年10月1日822円(+30円)792円(+2円)
山形県2021年10月2日822円(+29円)793円(+3円)
福島県2021年10月1日828円(+28円)800円(+2円)

 

2021年度 東京・関東の最低賃金

都道府県名発効日2021年(前年比)2020年(前年比)
茨城県2021年10月1日879円(+28円)851円(+2円)
栃木県2021年10月1日882円(+28円)854円(+1円)
群馬県2021年10月2日865円(+28円)837円(+2円)
埼玉県2021年10月1日956円(+28円)928円(+2円)
千葉県2021年10月1日953円(+28円)925円(+2円)
東京都2021年10月1日1,041円(+28円)1,013円(+0円)
神奈川県2021年10月1日1,040円(+28円)1,012円(+1円)

 

2021年度 甲信越・北陸の最低賃金

都道府県名発効日2021年(前年比)2020年(前年比)
新潟県2021年10月1日859円(+28円)831円(+1円)
富山県2021年10月1日877円(+28円)849円(+1円)
石川県2021年10月7日861円(+28円)833円(+1円)
福井県2021年10月1日858円(+28円)830円(+1円)
山梨県2021年10月1日866円(+28円)838円(+1円)
長野県2021年10月1日877円(+28円)849円(+1円)

 

2021年度 中部の最低賃金

都道府県名発効日2021年(前年比)2020年(前年比)
岐阜県2021年10月1日880円(+28円)852円(+1円)
静岡県2021年10月2日913円(+28円)885円(+0円)
愛知県2021年10月1日955円(+28円)927円(+1円)
三重県2021年10月1日902円(+28円)874円(+1円)

 

2021年度 中国の最低賃金

都道府県名発効日2021年(前年比)2020年(前年比)
鳥取県2021年10月6日821円(+29円)792円(+2円)
島根県2021年10月2日824円(+32円)792円(+2円)
岡山県2021年10月2日862円(+28円)834円(+1円)
広島県2021年10月1日899円(+28円)871円(+0円)
山口県2021年10月1日857円(+28円)829円(+0円)

 

2021年度 四国の最低賃金

都道府県名発効日2021年(前年比)2020年(前年比)
徳島県2021年10月1日824円(+28円)796円(+3円)
香川県2021年10月1日848円(+28円)820円(+2円)
愛媛県2021年10月1日821円(+28円)793円(+3円)
高知県2021年10月2日820円(+28円)792円(+2円)

 

2021年度 九州・沖縄の最低賃金

都道府県名発効日2021年(前年比)2020年(前年比)
福岡県2021年10月1日870円(+28円)842円(+1円)
佐賀県2021年10月6日821円(+29円)792円(+2円)
長崎県2021年10月2日821円(+28円)793円(+3円)
熊本県2021年10月1日821円(+28円)793円(+3円)
大分県2021年10月6日822円(+30円)792円(+2円)
宮崎県2021年10月6日821円(+28円)793円(+3円)
鹿児島県2021年10月2日821円(+28円)793円(+3円)
沖縄県2021年10月8日820円(+28円)792円(+2円)

 

以下は2020年の情報です

2020年度の最低賃金

2020年度は全国40県が最低賃金を1円~3円引き上げ、全国の加重平均の時給は902円となり、2019年度よりも1円上昇した。

  • 但し、「北海道」「東京都」「大阪府」「京都府」「静岡県」「広島県」「山口県」の7都道府県は据置となる。
  • 「厚生労働省中央最低地銀審議会」は2020年度の最低賃金引き上げの目安を示さず「事実上の据置となっていた。
  • 政府は全国平均の最低賃金を1,000円に早期に実現する方針で、これを受け最低賃金の目安を決定する「厚生労働省中央最低地銀審議会」は2016年度から2019年度まで4年連続で毎年約3%の引き上げを決定してきた。しかし、2020年度は新型コロナの影響で、全国の加重平均の時給は1円の賃上げにとどまった。

 

2020年度 大阪・関西の最低賃金

都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
大阪府2019年10月1日964円(+0円)964円(+28円)
兵庫県2020年10月1日900円(+1円)899円(+28円)
京都府2019年10月1日909円(+0円)909円(+27円)
奈良県2020年10月1日838円(+1円)837円(+26円)
和歌山県2020年10月1日831円(+1円)830円(+27円)
滋賀県2020年10月1日868円(+2円)866円(+27円)
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

2020年度 北海道・東北の最低賃金

都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
北海道2019年10月3日861円(+0円)861円
青森県2020年10月3日793円(+3円)790円
岩手県2020年10月3日793円(+3円)790円
宮城県2020年10月1日825円(+1円)824円
秋田県2020年10月1日792円(+2円)790円
山形県2020年10月3日793円(+3円)790円
福島県2020年10月2日800円(+2円)798円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

2020年度 東京・関東の最低賃金

都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
茨城県2020年10月1日851円(+2円)849円
栃木県2020年10月1日854円(+1円)853円
群馬県2020年10月3日837円(+2円)835円
埼玉県2020年10月1日928円(+2円)926円
千葉県2020年10月1日925円(+2円)923円
東京都2019年10月1日1,013円(+0円)1,013円(+28円)
神奈川県2020年10月1日1,012円(+1円)1,011円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

2020年度 甲信越・北陸の最低賃金

都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
新潟県2020年10月1日831円(+1円)830円
富山県2020年10月1日849円(+1円)848円
石川県2020年10月7日833円(+1円)832円
福井県2020年10月2日830円(+1円)829円
山梨県2020年10月9日838円(+1円)837円
長野県2019年10月1日849円(+1円)848円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

2020年度 中部の最低賃金

都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
岐阜県2020年10月1日852円(+1円)851円
静岡県2019年10月4日885円(+0円)885円
愛知県2020年10月1日927円(+1円)926円
三重県2020年10月1日874円(+1円)873円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

2020年度 中国・四国の最低賃金

都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
鳥取県2020年10月2日792円(+2円)790円
島根県2020年10月1日792円(+2円)790円
岡山県2020年10月3日834円(+1円)833円
広島県2019年10月1日871円(+0円)871円
山口県2019年10月5日829円(+0円)829円
徳島県2020年10月4日796円(+3円)793円
香川県2020年10月1日820円(+2円)818円
愛媛県2019年10月3日793円(+3円)790円
高知県2020年10月3日792円(+2円)790円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

2020年度 九州・沖縄の最低賃金

都道府県名発効日2020年(前年比)2019年(前年比)
福岡県2020年10月1日842円(+1円)841円
佐賀県2020年10月2日792円(+2円)790円
長崎県2020年10月3日793円(+3円)790円
熊本県2020年10月1日793円(+3円)790円
大分県2020年10月1日792円(+2円)790円
宮崎県2020年10月3日793円(+3円)790円
鹿児島県2020年10月3日793円(+3円)790円
沖縄県2020年10月3日792円(+2円)790円
全国平均2020年902円(+1円)901円(+27円)

 

2020年大阪府の時間外・休日・深夜別最低賃金(当ブログ試算)

時間帯割増率時給
時間外労働午前5時~午後10時1.251,205円
(深夜)午後10時~午前5時1.501,446円
休日労働午前5時~午後10時1.351,301円
(深夜)午後10時~午前5時1.601,542円
深夜午後10時~午前5時1.251,205円

 

東京都と神奈川県では時給が1,000円を超えているが、年収を試算してみた

都道府県時給1日(8時間)1ヶ月(21日間)年収
東京都1,013円8,104円170,184円2,042,208円
大阪府964円7,712円161,952円1,943,424円
兵庫県900円7,200円151,200円1,814,400円
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました