みずほ銀行(MBK)大阪事務センター(地上11階建・延床面積1.5万㎡)建替計画 2023年2月竣工

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2023年9月(南西から撮影)

みずほ銀行は、大阪市西区の旧みずほ銀行大阪事務センターを建替え2023年2月に竣工した。

建物の規模は、地上11階建・延床面積約14,900㎡で、設計・施工は清水建設が担当した。

目視で11階建ての1階~6階には窓がないため低層階はデータセンター、上層階には窓があるのでオフィスと予想される。

2023年9月(西面を撮影)

場所は「あみだ池筋」に面した角地。

アクセスは、大阪メトロ長堀鶴見緑地線「西長堀駅」から北東へ徒歩約5分。

地図

みずほ銀行(MBK)大阪事務センター 建替計画 概要

2023年9月(西面を撮影)

名称 旧みずほ銀行(MBK)大阪事務センター 建替計画
所在地 大阪市西区新町3丁目
敷地面積 2,259.96㎡
建築面積 1,599㎡
延床面積 14,852㎡
容積対象面積 13,559㎡
構造 鉄骨造
高さ 58.7m
階数 地上11階建
設計・施工 清水建設
着工 2021年4月1日
竣工 2023年2月

2023年9月(北西から撮影)

2023年9月(南から撮影)

2023年9月(南西から撮影)

2023年9月(南東から撮影)

建築計画のお知らせ

立面図

配置図

 

みずほ銀行、基幹システムを東阪に分散へ

現在、みずほ銀行では、東京都多摩にあるメインのデーターセンターと千葉県内の災害対策拠点の2か所で運用している。

2022年度までに大阪府内に設備を整え、2023度から機器を順次移行する。

引用 日経新聞 2021年11月15日付 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB143780U1A111C2000000/

上記のように報道されているので、本物件が「みずほ銀行のデータセンター」の可能性がある。

多くの企業では、災害対策として、東京と大阪にデーターセンターを設置することが多い。

しかし、データセンターの設置割合は、東京圏60%、大阪圏25%、中部圏5%となっており、東京一極集中の状態にある。

 

政府の「デジタル田園都市国家構想」

政府はデータセンターの東京一極集中を是正するため「デジタル田園都市国家構想」を立ち上げた。

これを受け、総務省はデータセンター(DC)設置事業者などを対象に、計500億円を助成する事業を始めた。

また、経産省も526億円の予算を投じて、データセンター(DC)の電力・通信インフラや用地の整備などを支援する。

現在は、ネット社会であり、都市の発展にはデータセンターが必須となっている。

政府も企業も災害対策のため、データセンターを東西に分散する動きがあるので、大阪も積極的に取り込む必要があると思う。

 

過去写真

2023年1月

2023年1月(南西から撮影)

2023年1月(西から撮影)

2023年1月(北東から撮影)

 

2022年4月

2022年4月(西から撮影)

2022年4月(南から撮影)

 

2021年2月

画像ご提供 スルタン

画像ご提供 スルタン様(当ブログで一部加工)

画像ご提供 スルタン様(当ブログで一部加工)

error: Content is protected !!