横浜(MM21地区)に「地上28階 高さ171mの超高層オフィスビル」2026年竣工予定(新高島駅近く)大和ハウス工業など

大和ハウス工業(大阪市)など2社は、横浜のみなとみらい21(MM21)地区に、超高層オフィスビルを2026年に竣工させる予定。

建物の規模は、地上28階・高さ171m・延床面積約11万㎡で、4階~28階はオフィスビルが入居し、低層階は商業施設となる。

場所は、MM線「新高島駅」東側の「52街区」で、国と横浜市が土地を所有している。

開発企業は、大和ハウス工業の他に、コーエーテクモホールディングス(横浜市)の親会社、光優HDの傘下企業「光優」。

 

MM21地区超高層オフィスビル 概要
名称MM21地区超高層オフィスビル
所在地横浜市西区みなとみらい五丁目1番2ほか
用途オフィス(4階~28階)/ゲームアートミュージアム・店舗(1階・2階)/イノベーションプラットホーム(2階・3階)
敷地面積52街区合計11,818.44㎡(国6,199.97㎡・横浜市5,618.47㎡)
延床面積110,142㎡
高さ170.35m
階数地上28階・地下1階
建築主大和ハウス工業・光優
設計
施工者
着工2023年1月本体工事着工予定
竣工2026年7月までに供用開始予定
アクセスMM線「新高島駅」徒歩3分

 

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました