旧森永乳業近畿工場(兵庫県西宮市)2020年12月解体着手 敷地面積約3万6000㎡(2019年12月に生産終了)

建設ニュースによると、森永乳業は、2019年5月に生産終了した兵庫県西宮市の「森永乳業近畿工場」の解体工事に着手した。

敷地面積は36,000㎡で、阪急電車今津線「阪神国道駅」から東へ約800m(徒歩10分)の場所。

引用・参照

旧森永乳業近畿工場 物件概要
所在地兵庫県西宮市津門飯田町2-95
開設1959年(昭和34年)4月
敷地面積35,587㎡
建築面積16,580㎡
従業員数131名(契約社員を含む 2018年1月末現在)
アクセス阪急電車今津線「阪神国道駅」から東へ約800m

出典 西宮市(当ブログで加筆)

森永乳業近畿工場は1959年開設で老朽化が進んでおり、生産体制の効率化のため、神戸工場(神戸市灘区)などに集約する。

現場周辺では、アサヒビール西宮工場跡地(約10ha)の再開発計画があり、工場地帯から、病院、物流倉庫、商業施設(ホームセンター)、高齢者住宅などに変わりつつある。

森永乳業近畿工場の130人従業員のうち正社員約110人は、グループ内で配置転換し、契約社員約20人は、原則として雇用契約を終了するという。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました