【森之宮】旧大阪府立成人病センター跡地等敷地面積2.4ha 再開発計画(2023年2月28日1期解体完了)

出典 大阪府(ⅠとⅡ)

大阪府は、旧大阪府立成人病センター(森之宮)等の跡地(敷地面積24,450㎡)を

  • 大学などの高等教育・研究機関
  • 健康・医療・介護関連産業

として再開発する方針で、民間事業者の参画意向、市場性の有無、事業アイデア等を把握するため「マーケット・リサーチ(市場調査)」を実施し、その結果を2018年11月に公表した。

それによると、ファミリー・高齢者向け住宅や、商業・サービス施設などを整備する提案があり、府では今後、提案を基に活用策の具体化を進めていく方針。(2018年時点)

(注意)2018年以降の情報は調査できませんでした。以下、過去情報が含まれている場合があります。

地図

2022年4月現在の解体工事

2022年4月(北から撮影)

2022年4月(東から撮影)

2022年4月(西から撮影)

2022年4月

  • 旧大阪府立成人病センターの周辺の土地は合計約3haだが、すでに大阪府立母子・父子福祉センター(敷地面積約2,400㎡)は開業しており、大阪健康安全基盤研究所等一元化施設整備工事(敷地面積約6,450㎡)も2023年2月28日に竣工する。
  • その後、「大阪健康安全基盤研究所森ノ宮センター」が解体されるとみられる。
  • 2023年以降に「旧大阪府立成人病センター」などー合計敷地面積約 24,450㎡の再開発が決定されるのではないか?

2022年4月(北面を撮影)

  • 民間病院「大道会 森之宮クリニック」(敷地面積約1,100㎡)は大阪府に土地を返還するために2022年3月末日閉院。

旧大阪府立成人病センター病院棟 物件概要

所在地大阪市東成区中道1丁目3番3号
敷地面積約15,450㎡(周辺を含め30,700㎡)
建築面積2,896.52㎡
延床面積21,059.63㎡
構造鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)・RC造・一部S造
階数地上12階
解体着工2020年10月1日
解体完了2023年2月28日

 

再開発用地(当ブログまとめ)

1約15,450㎡旧大阪府立成人病センター跡地
2約7,900㎡
  • 地方独立行政法人大阪健康安全基盤研究所森ノ宮センターの用地
  • 旧大阪府環境農林水産総合研究所の跡地
3約1,100㎡「大道会 森之宮クリニック」民間医療施設の用地等
合計面積24,450㎡

 

再開発計画

  • にぎわい創設ゾーン「大学などの高等教育・研究機関」
  • 多世代交流・居住ゾーン「健康・医療・介護関連産業」

出典 大阪府

 

コメント

JR大阪環状線「森ノ宮駅」の東側の徒歩圏で、交通アクセスがいい立地。

大阪メトロ森之宮検査場に「大阪公立大の森之宮キャンパス」が2025年4月に開設される予定。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました