村田製作所、滋賀県JR守山駅前に「守山イノベーションセンター」(地上18階・延床面積約6.5万㎡)2026年5月竣工予定

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

電子部品大手の村田製作所(京都)は、滋賀県JR守山駅前に新たな研究開発拠点「守山イノベーションセンター」を設立する。

2024年2月に準備工事に着工、2024年3月に本体着工、2026年5月に竣工する予定。

建物の規模は、地上18階建・延床面積約6.5万㎡で、総投資額は460億円、従業員数は1,000人~1,600人。

高さは以前の計画の100m程度と推定される。

 

フロア構成

高層階 : 研究開発フロア、厚生施設、機械室
中層階 : 研究開発フロア
低層階 : 社外交流フロア、科学体験施設、機械室

 

出典 滋賀県守山市

地図

 

村田製作所「守山イノベーションセンター」概要

名称 村田製作所「守山イノベーションセンター」
所在地 滋賀県守山市浮気町300-24(旧ライズヴィル都賀山)
敷地面積 9,966.77㎡

(市有地約8,229㎡)

(JR貨物用地約1,638㎡)

フロア構成 高層階 研究開発フロア、厚生施設、機械室
中層階 研究開発フロア
低層階 社外交流フロア、科学体験施設、機械室
階数 地上18階+塔屋
高さ 約100m(以前の計画)
構造 鉄骨造
延床面積 64,850.24㎡
投資額 約460億円(土地・建物費用のみ)
雇用人数積 1,000人~1,600人(2021年8月11日公表)
着工 2024年3月(先行して2月より準備工事に着手)
竣工 2026年5月
アクセス JR「守山駅」東口から徒歩1分~2分

 

敷地は、滋賀県守山市所有地約8,229㎡とJR貨物用地約1,638㎡の合計約1万㎡。

滋賀県守山市所有地は、「ホテル(閉鎖)」「駐車場」「駅前東口スポーツ広場」として利用されている。

守山市は、JR貨物が所有する隣接地約1,638㎡を取得し、市有地と共に村田製作所に20億円超で売却する予定。

建設予定地にあった「ライズヴィル都賀山(閉鎖)」は2022年3月31日に宿泊事業から撤退し、機能の見直しを行った上で隣接地に新築移転する。

村田製作所は、JR沿線の徒歩圏内で新たな研究開発拠点の整備を検討していた。

error: Content is protected !!