ニュース 話題 交通 大阪市/大阪府

【大阪市】中之島の道路の歩道化を検討【安藤氏の新図書館前】

出典 大阪市

大阪市は、中之島公園(大阪市北区)の一部の道路の歩道化を検討している。

現在、中之島公園では、建築家の安藤忠雄氏が子供向け図書館「こども本の森 中之島(仮称)」を建設中で、この図書館前の道路を2019年秋頃の開館までに歩道化する方針。

引用 日経新聞


スポンサーリンク


安藤忠雄氏は2017年9月、大阪市役所を訪れ、中之島公園(大阪市北区)に児童向け図書館「(仮称) こども本の森 中之島」を設計・建設し大阪市に寄付することを提案していた。

2018年3月までに、寄付金が約3億円集まり、2018年秋頃に着工し、2019年秋頃の開館を目指す。

建設予定地は、京阪電車中之島線「なにわ橋駅」と「東洋陶磁器美術館」の間で、「なにわ橋駅」は安藤忠雄氏が設計し、駅舎内には「アートエリアB1」が設置されている。

 

「こども本の森 中之島」(仮称)中之島児童向け図書館概要

名称 (仮称)こども本の森 中之島
所在地 大阪市北区中之島1丁目(中之島公園内)
延床面積 約800平米
階数 3階建
構造 鉄筋コンクリート造
着工予定 2018年秋頃
開館予定 2019年秋

 

  • 建設費は民間からの寄付約3億円
  • 完成後は大阪市に寄贈される
  • 入館料は無料
  • 本の貸し出しはしないが、中之島公園で読むことができる
  • 壁面はガラスを使い、川が見えるように設計
  • 図書館内部は大きな吹き抜けがあり、それを囲むように壁面に本棚を設置
  • 公園に本を持ち出して、芝生の上で自由に読書できるようにする計画

 

 

中之島公園

 

アクセス

安藤忠雄氏は大阪に「魂の故郷」を作るという。大人になったとき、「大阪に故郷を感じする場所」を作りたいと言う。

コメント

2018年の大阪は、6月の大阪府北部地震、7月の西日本豪雨、9月の台風21号と自然災害が多かった。

今でも修理ができずにブルーシートを屋根にかけている住宅もある。

自然災害を経験してブロガーとして、何が出来るかを考えた。

そして、大阪を離れた人にとって、ブログの写真1枚でも情報として価値があるのではと思い、毎日2記事書くようにした。

また、大阪の再開発の様子を見ることで、大阪に対する自信を取り戻すことができるのではないかとも思った。

しかし、週末に取材して毎日2記事を書くことは、かなり無理だったようで、最近はブログ疲れを感じるようになった。

撮影した写真も多くなったので年末までに整理しようと思う。そのために、PCのHDDをSSDに換装することにします。

正常にできれば、数時間で換装できるが、万が一失敗すれば、新しいPCを購入し、バックアップの外付けHDDからデータを復旧させる必要があるので、休養もかねて1週間くらいブログの更新をしないかもしれない。

Crucial SSD 500GB 7mm / 2.5インチ MX500シリーズ SATA3.0 9.5mmアダプター付 CT500MX500SSD1/JP

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!