ニュース 話題 大阪市/大阪府

大阪府庁西館撤去工事

大阪府庁西館は耐震性能が低いため撤去されることになり、2017年8月7日から撤去工事が実施されている。

工事完了は2018年11月の予定。

2018年8月現在、かなりの建物が撤去されている。右側の建物は大阪府庁本館(東館)。

出典 大阪府

なお、本館(東館)は2013年11月から耐震化工事を実施し2016年12月に工事が終了している。

スポンサーリンク



大阪府庁西館

  • 延床面積 8,296平米
  • 所在地    大阪市中央区大手町2-1
  • 増築       1955年(西館3階)1959年(西館4階5階)


外から見ると大阪府庁西館は見えなくなっている。

出典 大阪府

 

大阪府庁本館(東館)

  • 竣工           1926年
  • 設計           平林金吾・岡本
  • 建築面積     約6,400平米(西館を含む)
  • 延べ床面積  約34,000平米(西館を含む 本館24,000平米)
  • 階数           地上6階・地下1階
  • 構造           鉄筋コンクリート造

耐震化工事が2016年に終了し、外壁も美装化された。

 

大阪府庁本館の南側

 

大阪府庁本館の南側(正面から撮影)

 

大阪府庁本館(正面玄関)

 

大阪府庁本館の北側部分

アクセス

コメント

大阪府庁西館の西側には「大阪府公館」などがあり、今回撤去される「西館」と合計すると敷地面積は10,000平米以上になると思われる。

今後、再開発される可能性もある。

かつて、大阪府庁を超高層化する計画もあったが、物理的には今も可能と思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!