【ユニクロ】ファーストリテイリング 関西に新物流センター「西日本倉庫」2020年秋稼働【自動化】

ユニクロを展開する「ファーストリテイリング」は、大阪府茨木市彩都に「西日本倉庫」を2020年秋稼働させる予定。

2018年10月稼働した東京・有明の「有明倉庫」上回る規模とされており、「西日本倉庫」では、ユニクロの他に、GU、セオリーブランドも取り扱う計画。

「有明倉庫」では、物流システム大手の「ダイフク」(大阪市)と共同で、自動化、省人化を実現した。具体的には、「有明倉庫」では、「RFID」により、入荷、保管、出荷を管理し、従来の作業の80%~90%を自動化した。

ユニクロの店舗では実験的に「RFID」を利用したセルフレジが導入されているが、将来的にはもっと進化させる構想がある。

その構想とは、ユニクロ店舗にはサンプル商品のみを展示し、客は試着した商品の「PFID」タグを読み取り機で読取、スマホで注文、決済し、商品は最短で翌日配達されるという。

 

ユニクロ 西日本倉庫 概要
施設名ユニクロ 西日本倉庫
所在地大阪府茨木市彩都はなだ2丁目1番1号
アクセス「JR茨木駅」「千里中央」から無料シャトルバス

地図

2019年8月1日付けで「新しい住居表示」が実施されたため、オンライン地図で検索できないことがある。

2019年8月1日付「住居表示実施地区」(出典 茨木市)

スポンサーリンク


有明倉庫(Dプロジェクト有明Ⅰ新築工事)
施設名有明倉庫
所在地東京都江東区有明1丁目
敷地面積36,300㎡
建築面積19,500㎡
延床面積112,400㎡
階数地上6階
着工2014年11月
施工2016年
稼働2017年(オフィス)・2018年(有明倉庫)

参照 大和ハウス工業

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました