【2019年11月1日開業】大阪エクセルホテル東急 【364室 南御堂】

2019年5月撮影

南御堂「真言大谷派難波別院」は、「御堂会館」の建替にあたり、積水ハウスグループの積和不動産関西株式会社を事業者とし、60年間(2017年10月1日から2077年9月30日の定期借地権を設定して「積和不動産関西南御堂ビル(仮称)」を建設している。

このビルには、東急ホテルズの「大阪エクセルホテル東急」(364室) が入居し2019年11月1日に開業する。

なお、2019年5月15日から予約の受け付けを開始している。

大阪エクセルホテル東急(楽天トラベル)

北東から撮影

建物の北面にサインボードが設置されている

 

南面を撮影

 

南面の低層階の様子

 

2019年5月 東面を撮影

 

2019年5月西面を撮影

大阪エクセルホテル東急(楽天トラベル)

スポンサーリンク


積和不動産関西南御堂ビル物件概要

名称積和不動産関西南御堂ビル
住所大阪市中央区久太郎町四丁目68番5
用途ホテル・事務所・店舗
敷地面積2,503.42平米
建築面積1,670.39平米
延床面積22,224.18平米
容積対象面積20,620.45平米
階数地上17階
高さ72.97m
客室数約364室
構造鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主積和不動産関西株式会社
設計(建築・設備)株式会社IAO竹田設計
設計(構造)竹中工務店
建築施工竹中工務店
着工2017年9月1日
竣工2019年9月30日
開業2019年11月1日

16階フロントロビーのイメージ

17階レストランジム
16階フロントバーラウンジ
5階~16階客室(364室)シングル(23平米)ツイン(32平米)

ホテルフロントロビーは16階に配置される。最近、高層階にフロントロビーを配置するホテルが増えてきた。

これは、セキュリティを高めるため高層階のフロントロビーを通過しないと客室に行けないようにするためと、フロントロビー階からの眺望をアピールする狙いがあると思われる。

 

客室面積

客室タイプ客室面積
1ベッドルーム約23平米
2ベッドルーム約32平米

客室面積は、一般的なビジネスホテルよりも広く、高級シティホテルというカテゴリーと思われる。

 

日本初「寺院山門一体」のホテル(参道部分)

 

東側の公道から参道部分を撮影

 

南御堂「真言大谷派難波別院」

 

立面図

 

配置図

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました