追手門学院大学、茨木総持寺キャンパスに新校舎(6階建・延床面積約4.4万㎡)建設・2024年10月竣工

追手門学院大学棟・既存棟(2019年3月撮影)

追手門学院大学は、茨木総持寺キャンパスに新校舎を建設し、大半の学部・大学院と本部機能を集約し、2025年4月から茨木総持寺キャンパス(茨木市太田東芝町1-1)を拠点化する。

具体的には、2025年4月に心理学部(2~年次)・大学院心理学研究科以外の学部・大学院を茨木総持寺キャンパスに集約する予定。

建物の規模は、茨木総持寺キャンパス敷地面積約6.4万㎡・地上6階建・延床面積約4.4万㎡で、2022年10月に着工、2024年10月の竣工を目指す。

これにより、茨木総持寺キャンパスの学生・院生は2022年4月の3,800人から2025年4月には8,000人となる予定。

さらに、2023年4月には法学部が開設予定で、8,000人からさらに規模が拡大する見通し。

参照・引用 追手門学院大学 https://www.otemon.ac.jp/whatsnew/pressrelease/04_20220425.html

地図

新校舎の概要

出典 追手門学院大学

建設予定地大阪府茨木市太田東芝町1-1(茨木総持寺キャンパス内)
敷地面積約6万4千㎡
延床面積約4万4千㎡ (※建物全長 南北に約250m)
構造RC造(鉄筋コンクリート造)
階数/高さ地上6階/約22m
着工予定2022年10月
竣工予定2024年10月
現況埋蔵文化財発掘本調査完了

新校舎 外観パース(出典 追手門学院大学)

学生同士、学生と教職員との交流を促す空間(出典 追手門学院大学)

2025年の茨木総持寺キャンパスの拠点化に合わせ、2019年に開設したアカデミックアーク(Ⅰ期棟)の東側に、地上6階建て南北に約250mの新校舎(Ⅱ期棟)を建設する。

フロア内容
1階地域や社会との協働の場として広いフリースペースと600人収容のホールを設置
2階~5階中教室および小教室、研究室、自由に議論や発表が可能な交流エリアを同じ空間に配置
6階事務機能を集約配置し、職員の業務エリアのフリーアドレス化

2022年4月時点での学部・大学院配置

2022年4月時点

  • 茨木安威キャンパス 約4500人
  • 茨木総持寺キャンパス約3800人

 

2025年4月時点での学部・大学院配置計画

2025年4月時点(発表済の計画および現在の規模で換算)

  • 茨木安威キャンパス約1000人
  • 茨木総持寺キャンパス約8000人

法学部は2023年開設予定(仮称・設置構想中)
理系学部は構想中のため含めない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました