創価学会関西池田記念大講堂(地上4階建・延床面積約2.5万㎡)2026年12月に完成予定(旧・太閤園)大阪市都島区

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2023年11月(南西から撮影)

創価学会は、大阪市都島区の「旧・太閤園跡地」に「創価学会関西池田記念大講堂」を2026年12月に竣工する予定。

参照  聖教新聞(完成予想図)

建物の規模は、地上4階建・延床面積約24,500㎡で、設計は日建設計、施工は大林・竹中・淺沼・藤木建設JVが担当する。

2023年11月(西から撮影)講堂建設予定地

但し、「旧・太閤園」全体の敷地面積は約26,000㎡だが、「創価学会関西池田記念大講堂」の敷地面積はその一部約14,700㎡となる。

残りの敷地面積11,000㎡については、保存再整備エリアとし「淀川邸・日本庭園」は保存される見通し。

2023年11月(北西から撮影)講堂建設予定地

地図

創価学会関西池田記念大講堂の概要

施設名 創価学会関西池田記念大講堂
所在地 大阪市都島区網島町1-11、他8筆
敷地面積 14,732㎡
建築面積 9,800㎡
延床面積 24,500㎡
容積対象面積 21,600㎡
構造 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造
高さ 26m
階数 地上4階・地下1階・塔屋1階
建築主 創価学会
設計 日建設計
施工 大林・竹中・淺沼・藤木建設JV
着工 2024年8月1日
竣工 2026年12月25日
アクセス JR東西線「大阪城北詰駅」徒歩約1分

京阪「京橋駅」徒歩7分

建築計画のお知らせ

立面図

配置図

 

以下は過去記事

2023年3月(南から撮影)

聖教新聞によると、創価学会は、大阪市の旧・太閤園跡地に「関西池田記念大講堂」を2026年秋に完成させる。

参照  聖教新聞(完成予想図)

藤田観光(東京)は、保有する太閤園の土地等(太閤園:宴会場、レストラン、ゲストハウス桜苑)を2021年3月末に譲渡し、2021年6月30日をもって、太閤園、桜苑およびオペラ・ドメーヌ高麗橋の営業を終了した。

創価学会(東京都新宿区)は、2021年3月22日付で太閤園(大阪市都島区)の土地と建物を取得した。

創価学会は、太閤園跡地に「講堂」を建設する計画と報道されている。

参照 朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASP57513BP57PLFA005.html

2023年3月(南西から撮影)

2023年3月(手前は「藤田美術館」)

2023年3月(南東から撮影)

旧・太閤園 物件概要

施設名 太閤園(閉館)
所在地 大阪市都島区綱島町9-10
用途 結婚式場・宴会場
開業 1959年4月
営業終了 2021年6月30日
敷地面積 約26,000㎡
アクセス JR東西線「大阪城北詰駅」徒歩約1分

京阪「京橋駅」徒歩7分

 

創価学会は、東京などに講堂を所有しているが、大阪には全国的な拠点となるような講堂がなかった。

最近の大阪府内の選挙では、公明党は維新と拮抗しており「常勝関西」とは言えない状態になっている。そのため、講堂建設により求心力を高める狙いがあるものと思われる。

 

推定規模

当ブログ調べでは、旧太閤園の土地は第2種住居地域で容積率は300%、建ぺい率は80%と思われる。

 

時事通信社によると、太閤園売却に伴い藤田観光は2021年1~3月期に特別利益約329億円を計上する。

売却金額-簿価=特別利益329億円なので、売却金額は329億円以上となる。

一部報道では、売却金額は390億円で売却されたとされる。

売却金額を390億円、敷地面積は26,000㎡とすると1㎡当たり150万円(坪単価495万円)で売買されたことになる。

個人的な感想ですが、容積率300%で1㎡当たり150万円(坪単価495万円)という価格では、不動産会社が土地を購入してマンションを建設しても1戸70㎡で1億円を超えると思う。

したがって、一般事業会社では採算が合わず、この価格では購入できなかったと思われる。

 

過去写真

2021年10月

2021年10月

 

2021年10月

旧太閤園の西側には「藤田美術館」が2022年4月1月に開館した。

error: Content is protected !!