ニュース 話題

大阪・御堂筋「2037年に完全歩道化」・2022年10月4日長堀通から道頓堀川までの区間700mの側道閉鎖

大阪・御堂筋の「完全歩道化」構想 大阪のメインストリート・御堂筋(梅田―難波、4.2km)について、大阪市や経済団体などでつくる官民の委員会は2018年3月、御堂筋の完成100周筆者撮影
ホテル

東横INN大阪なんば(617室)2023年5月開業予定

完成予想図 東横インは、大阪メトロ「なんば駅」北側に「東横イン大阪なんば」を2023年5月に開業する予定。 建物の規模は、地上14階建・延床面積1.3万㎡・客室数617室で、設計は日創筆者撮影
大阪市・大阪府

ブラジルの現代アーティスト「ROMERO BRITTO(ロメロ・ブリット)」ハービスプラザエント1F「ホープベアー・ギャラリー大阪店」

(撮影許可済) ROMERO BRITTO(ロメロ・ブリット)は、1963年ブラジル生まれの現代アーティスト。 彼の原画や版画(リトグラフ)を展示販売しているギャラリー「HOPE BEAR筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期北街区賃貸棟(26階・高さ124m・延床面積6.5万㎡)キャノピーby ヒルトン大阪梅田ヒルトンとオフィス 2024年4月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれる。 筆者撮影
うめきた2期

うめきた2期南街区賃貸棟(39階・高さ182m・総延床面積32万㎡)ウォルドーフ・アストリア大阪・阪急阪神HDホテルとオフィス 2024年11月竣工(JR大阪駅北再開発)

「うめきた2期」出典 umekita2.jp 「うめきた2期」はJR大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発計画で、「南街区」「北街区」「都市公園」「西口広場」の4つのエリアに分かれる。 筆者撮影
交通

JR大阪駅(地下ホーム)2023年3月開業 (うめきた2期・JR東海道線支線地下化)

完成予想図(変更の可能性あり) JR西日本は、現在の「JR大阪駅」に隣接する「うめきた2期地区」の地下に「JR大阪駅(地下ホーム)」を2023年3月に開業する。 うめきた2期地区の筆者撮影
ニュース 話題

神戸空港への国際線就航に向け 飛行ルートの見直し議論始まる

神戸空港は、2025年に国際チャーター便就航、国内線発着枠増加、2030年に国際定期便就航することが決定している。 これにより、現在の1日の発着枠80回(40往復)から160回(筆者撮影
ニュース 話題

相鉄フレッサイン北浜(243室)「名称変更」(旧名・相鉄フレッサイン大阪淀屋橋)

相鉄フレッサイン北浜 相鉄ホテルズは、2022年11月1日より「旧名・相鉄フレッサイン 大阪淀屋橋」を「新名・相鉄フレッサイン北浜」に名称変更する。 これは、大阪メトロ淀屋橋駅前に「仮筆者撮影
ニュース 話題

フェアフィールド・バイ・マリオット・兵庫淡路島福良(100室)2022年12月開業「道の駅 福良」

フェアフィールド・バイ・マリオット・兵庫淡路島福良 積水ハウスなどが出資する合同会社は「フェアフィールド・バイ・マリオット・兵庫淡路島福良」を2022年12月に開業する予定。 筆者撮影
グルメ

JR大阪駅の商業施設「エキマルシェ大阪」2022年7月全館(52店舗)リニューアル完了

JR「大阪駅」桜橋口直結の駅ナカ商業施設「エキマルシェ大阪」が2022年7月14日に、第2期リニューアルエリア「キッチンマルシェ大阪」を開業した。 これにより、「エキマルシェ大阪」のリニ筆者撮影
大阪市・大阪府

JR大阪駅(西側)高架エリア再開発(西北ビル)【23階・高さ122m・延床面積約6万㎡】2024年6月竣工

うめきた2期側から見た完成予想図(出典 JR西日本) JR西日本(事業主体は大阪ターミナルビル)は、JR大阪駅の西側エリアに「新駅(西北)ビル」を建設しており、2024年秋に開業する予定筆者撮影
ホテル

梅田3丁目計画(40階・高さ188m・延床面積約23万㎡)旧大阪中央郵便局 2024年3月竣工「マリオット・オートグラフ コレクション ホテル(418室)」JR大阪駅西側

2022年11月 日本郵便・大阪ターミナルビル・JTBの3社はJR大阪駅西側の「旧大阪中央郵便局」の再開発計画「梅田3丁目計画(仮称)」を建設しており、2024年3月の竣工を目指す。 筆者撮影
error:Content is protected !!