パークス サウス スクエア(地上14階建・高さ58m・延床面積約2万㎡)2023年7月1日商業施設開業、オフィスフロア2023年3月25日開業

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2023年2月(南西から撮影)

南海電鉄、双日、日本政策投資銀行が設立した「なんば開発特定目的会社」は、南海電鉄「難波駅」南側に「パークス サウス スクエア」を2023年3月25日に開業した。

建物の規模は、地上14階建・高さ約58m・延床面積約2万㎡で、設計は大成建設、 施工は大成・南海辰村特定建設工事共同企業体が担当した。

オフィスフロアには、「日本金銭機械株式会社」が本社事務所を移転、「ディップ株式会社」も入居する。

 

テナント

2023年6月(南から撮影)

2Fの商業施設(2023年7月1日)開業

くら寿司

  • 「くら寿司 グローバル旗艦店 なんばパークス サウス店」2023年7月上旬開業
  • 大阪千日前創業の「河童ラーメン本舗 なんばパークス サウス店」2023年7月1日開業
  • 「ローソン なんばパークス サウス店」2023年7月1日開業

アクセスは、南海「なんば駅」徒歩6分。

地図

パークス サウス スクエア

2023年2月(南から撮影)

名称 パークス サウス スクエア
英語表記 PARKS SOUTH SQUARE
計画仮称 (仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画
所在地 大阪市浪速区難波中二丁目11番18
用途 オフィス、店舗、 駐車場
敷地面積 2,505.78㎡
建築面積 2,179.47㎡
延床面積 19,685.10㎡
容積対象面積 15,023.98㎡
基準階面積 961.08㎡
階数 地上14階・塔屋1階
構造 鉄骨造
高さ 58.35m
土地賃借人 南海電気鉄道
建築主(転借人) なんば開発特定目的会社(南海電鉄、双日、日本政策投資銀行)
賃貸借契約期間 2020年11月~2074年5月(53年6か月)
設計 大成建設
施工 大成・南海辰村特定建設工事共同企業体
着工予定 2020年11月
竣工予定 2023年1月10日
開業 2023年3月25日

 

2023年2月(南から撮影)

フロア構成

フロア 用途
7階~14階 オフィス(基準階面積:961.08㎡)
2階 店舗
1階及び3階~6階 自走式駐車場(172台)

外観イメージ(出典 南海電鉄)

フロア構成

出典 南海電鉄

2階部分に店舗を配置し、ペデストリアンデッキで「なんばパークス」や「ヤマダ電機」と接続し、回遊性を高める。

2023年2月撮影

2023年2月撮影

エントランス(西側2F)

2023年2月撮影

なんばパークス2階グレイシアコートから望む

2023年2月(北から撮影)

2023年2月(北西から撮影)

出典 南海電鉄

ニッピ(東京)は南海電鉄「なんば駅」南側の土地(約8,900㎡)を所有しており、そのうちB敷地(約2,500㎡)を南海電鉄に賃貸するスキーム。

 

建築計画のお知らせ

南側立面図

配置図

出典 ニッピ

敷地 物件名(仮称) 客室数 階数 高さ 延床面積
A敷地 センタラグランドホテル大阪 515室 34階 141.56m 39,123.38㎡
B敷地 パークス サウス スクエア 14階 58.35m 19,685.39㎡
C敷地 ホテル京阪 なんば グランデ 227室 9階 33m 9,337.07㎡
合計 難波中二丁目開発計画全体 764室 68,145.84㎡

 

全体の開発計画

敷地 A敷地 B敷地 C敷地
施設名 センタラ・ホテル&リゾート パークス サウス スクエア ホテル京阪なんばグランデ
敷地面積 4,400.72㎡ 2,505.78㎡ 2,404.84㎡
建築面積 3,600.83㎡ 2,179.47㎡ 1,131.44㎡
延床面積 39,123.38㎡ 19,685.39㎡ 9,337.07㎡
用途 ホテル(515室)・店舗 オフィス・店舗・駐車場 ホテル(227室)・店舗・駐車場
階数 34階 14階 9階
高さ 141.56m 58.35m 33m
借主 南海電気鉄道 南海電気鉄道 大成建設、関電不動産開発、南海電気鉄道
事業スキーム 一般定期借地権・転貸 一般定期借地権・転貸
定期借地権契約 2020年10月 2020年10月30日(予定)
借地期間 2020年4月1日~2075年3月31日(55年間) 2020年11月16日~2074年5月31日(53年6か月間)
工事期間 2020年4月1日~2023年3月 2020年11月~2023年1月 2021年7月~2023年1月
開業予定日 2023年7月1日 2023年3月25日 2023年3月25日

 

出典 南海電鉄「共創140計画」

南海電鉄は、中期経営計画「共創140計画(2022年度~2024年度)」を策定し「グレーターなんば(アジアのなんば)」構想を推進している。

具体的には、2031年春の「なにわ筋線開業」に向けて、「なんば駅」~「今宮戎駅」~「新今宮駅」の南北軸に(オフィス・ホテル・商業施設)を建設する方針。

この南北軸には、すでに「なんばスカイオ(2018年竣工)」「パークスタワー(2003年竣工)」が建設されている。

本物件「パークス サウス スクエア(2023年竣工)」は、これに続くハイグレードオフィスとなる。

出典 南海電鉄「共創140計画」

南海電鉄による「なんば駅」~「新今宮駅」の南北軸の開発により、周辺地域「道頓堀」「ウラなんば」「黒門市場」「日本橋でんでんタウン」「新世界」への波及効果が見込まれ、それが「なんばエリア」の付加価値を向上させ可能性がある。

error: Content is protected !!