ニュース 話題 交通

【2018年秋】JR西日本エリアで「PiTaPaカード」チャージ不要になる

現在、「PiTaPaカード」 でJR西日本エリアの電車に乗車するには、事前に現金チャージするか、オートチャージを設定する必要がある。

しかし、2018年秋以降は、この「現金チャージ」や「オートチャージ設定」が不要になり、JR西日本エリアでも「ポストペイ(後払い)」となる。

ポストペイとなるため、月の利用状況に応じた割引サービスが開始される予定。

2018年秋以降、「PiTaPaカード」にチャージされた残額は、JR西日本エリアでは利用できなくなると思われる。

しかし、「PiTaPaカード」にチャージされた残額はJR西日本エリア以外、例えばJR東日本エリアなどでは利用できると思われる。
スポンサーリンク


導入時期
2018年秋(予定)

JR西日本における導入エリア
近畿圏エリア(予定)

JR西日本で導入するPiTaPa割引サービスの概要
PiTaPaカードで自動改札機をご利用(入場・出場)した際の利用状況を1カ月間(1日から末日まで)で集計し、利用の区間や回数など、JR西日本で定めた条件に適合した場合、 利用内容に応じて運賃の割引をする。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!