星野リゾート「リゾナーレ下関」(12階建・187室)2025年秋開業(山口県下関市・あるかぽーと地区)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

星野リゾートは、関門海峡に面した山口県下関市の市有地「あるかぽーと地区」にホテル「リゾナーレ下関」を建設する。

ホテルは3棟からなり、最も高い棟は地上12階建・客室数は合計187室・客室面積は50㎡で、2023年8月23日に起工式を執り行っており、2025年秋に開業する予定。

「リゾナーレ」は星野リゾートが展開するホテルブランドで「星のや」「界」に次ぐブランドに位置し、2023年8月現在、全国で6施設・海外1施設が営業している。

ホテルの建設予定地は、遊園地「はい!からっと横丁」の南側の臨時駐車場。

周辺20haを一体開発計画

星野リゾートは「散策が楽しい港」をコンセプトの一つに掲げ、一帯約20haを飲食やレジャー、学術研究など5つのエリアに分けて、開発を進める案を示した。

さらに星野氏は2022年7月、まちづくりの参考とするため、オーストラリア・シドニーの港町ダーリングハーバーを視察しており、海外のリゾート地に匹敵する規模の開発の可能性もある。

参照 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20220902-XI4LW4EPUBPDFGI4CK3HGGTZG4/

 

星野リゾート「リゾナーレ下関」 概要

施設名称 星野リゾート「リゾナーレ下関」
所在地 山口県下関市あるかぽーと1番地36・37・38
敷地面積 14,156.9㎡
建築面積 3,925.2㎡
延床面積 19,181.7㎡
棟数 3棟
階数 地上12階建(最も高い棟)
客室数 187室(客室面積50㎡)
付帯施設 カフェ、ダイニング、プール
設計 株式会社日本設計
施工者 戸田建設株式会社
内装デザイン・ブランド監修 クライン ダイサム アーキテクツ(KDa)
ランドスケープ設計 株式会社スタジオテラ
照明デザイン 株式会社FDS
プール遊具 株式会社丹青社
起工式 2023年8月23日
竣工 2025年秋
当初計画では客室面積25㎡の「OMO」ブランドホテルだったが、客室面積を2倍の50㎡と変更しホテルブランドも「リゾナーレ」に変更した。

地図

 

リゾナーレ施設一覧(2023年8月現在)

ホテル名 所在地
リゾナーレトマム 北海道
リゾナーレ那須 栃木県
リゾナーレ八ヶ岳 山梨県
リゾナーレ熱海 静岡県
リゾナーレ大阪 大阪府
リゾナーレ小浜島 沖縄県
リゾナーレグアム アメリカ・グアム
error: Content is protected !!