【2020年3月 羽田枠増便】スカイマーク 佐山会長「羽田割り当て増えたら神戸便優先」

神戸空港

国土交通省は2020年夏ダイヤ(2020年3月29日~)から羽田空港の発着枠を配分を見直す。

具体的には現在、羽田空港に就航している6社から19枠を回収し16枠を再配分し、3枠は「新規参入枠」として保留(既存航空会社が暫定使用可)、2枠を「政策コンテスト枠」とする。

なお、再配分される16枠は非幹線(地方枠)とする。

ちなみに幹線とは「新千歳、羽田、成田、伊丹、関西、福岡及び那覇の各空港を相互に結ぶ路線」のことで、「羽田=神戸」は非幹線(地方枠)と思われる。

 

出典 国土交通省

今回の発着枠の見直しで、スカイマークは2020年3月29日から「羽田空港=地方空港」に就航できる枠を1往復分獲得する。

この羽田枠の使い道について、スカイマークの佐山展生会長は以下のように発言している。

 

2019年5月13日、「羽田空港の発着枠の割り当てが増えれば、神戸へ優先的に就航したい」と増便に意欲を示した。

引用 朝日新聞

「羽田割り当て増えたら神戸便優先」 スカイマーク会長:朝日新聞デジタル
 関西財界や関係自治体が神戸空港の発着回数拡大などで合意したのを受け、航空会社、スカイマークの佐山展生会長は13日、「羽田空港の発着枠の割り当てが増えれば、神戸へ優先的に就航したい」と増便に意欲を示し…

 

コメント

スカイマークの佐山展生会長は、自身が2019年5月に発言したように、「神戸空港を優先に就航する」のでしょうか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました