立命館大「大阪いばらきキャンパス」に2学部約2,400人が2024年4月移転【大阪府茨木市】

学校法人立命館は、立命館大額衣笠キャンパス(京都市北区)の「映像学部・研究科」と立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市BKC)の「情報理工学部・研究科」の2学部2研究科を2024年4月に大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市OIC)に移転する。

引用 立命館大 http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=1824

報道によると、移転対象となる学生院生の人数は約2,400人となる。

 

新校舎建設

大阪いばらきキャンパス内に延床面積35,000㎡~45,000㎡の新校舎を建設する。総工費は100億円にのぼる。

 

 

移転対象学部 学生数(当ブログまとめ)
キャンパス学部(研究科)入学定員学生院生数
衣笠キャンパス映像学部160人640人
映像研究科10人20人
びわこ・くさつキャンパス情報理工学部475人1,900人
情報理工学研究科200人(博士課程前期)・15人(博士課程後期)445人

今回の移転で衣笠キャンパス(京都市)から660人、びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)から2,345人が移転することになる。(報道では2,400人)

大阪市内に近い方が学生を集めやすく、就職にも有利である点から移転するものと考えられる。

 

立命館大学 大阪いばらきキャンパス(2015年4月開校)

「立命館大学 大阪いばらきキャンパス」は、大阪府茨木市のサッポロビール工場跡地(約10万㎡)に2015年4月開校し、大学院も含め約5,500人の学生が在籍している。JR茨木駅から徒歩12分。

今回の2学部移転で、大学院も含め学生数は約7,845人になると予想される。

現地案内図(上が南)

  • 建築名称  立命館大学大阪いばらきキャンパス
  • 建築場所  大阪府茨木市岩倉町1番1他
  • 用途        大学
  • 敷地面積   98,176.27㎡
  • 建築面積   28,881.85㎡
  • 延床面積  108,033.03㎡
  • 構造        鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 階数        地上9 階
  • 高さ        39.65 m
  • 着工        2013 年7月
  • 竣工        2015 年2月

立命館大学は取得したサッポロビール工場跡地(約122,000㎡)のうち30,000㎡をUR都市機構に売却し、UR都市機構は防災公園「市立岩倉公園」と市民開放施設「立命館いばらきフューチャープラザ」を整備をした。

茨木市は「市立岩倉公園」の用地費を2020年度~2034年度までの15年間で割賦償還する。

市民開放施設「立命館いばらきフューチャープラザ」と「市立岩倉公園」は学生以外も自由に利用できる。

「立命館いばらきフューチャープラザ」にはスターバックスも入居している。

日曜日に訪問したが、レストラン「ガーデン・テラス・ライオン(銀座ライオン)」は待ち時間が発生し、大学内のコンビニも学生利用が多く20人~30人もレジ待ちになっていた。

JR茨木駅のコンビニで買い物して大学内のベンチでのんびり食事するのがいいかもしれない。市民開放施設なので、気兼ねなく行ける。

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました