札幌駅南口再開発「北5西1・西2地区」市街化事業「札幌駅新ビル高さ255mのA案に決定、延床面積約42万㎡」

 

札幌市・JR北海道ら5者は、JR札幌駅南口の「商業施設エスタやバスターミナルなど」を再開発する「北5西1・西2地区市街地再開発準備組合」を2019年11月に設立した。

北海道新聞によると「2021年3月12日、札幌市は高さ255mの高層ビル建設を軸としたA案に絞りこんだ。」

引用

2023年に着工し、2030年の札幌冬季オリンピック誘致や2030年度末の北海道新幹線「札幌駅開業」を控える2029年秋の供用開始を目指す。

  • 2020年10月2日 「三菱地所株式会社・東急株式会社」を最優秀提案者として選定。
  • 北海道建設新聞社によると、A案とB案の2つ計画を検討していた。
最大高さビル棟数延べ床面積
A案255m1棟417,000㎡
B案200mと150m2棟417,000㎡

A案に決定したことで、現在の札幌駅の「JRタワーホテル日航札幌」(約173m・38階)を大きく上回る高さ255mの道内一の高層ビルの建設計画が本格化することになる。

今後、2021年5月までに詳細を固め、施設利用方針などを盛り込んだ基本計画を策定する予定。

 

札幌駅の「JRタワーホテル日航札幌」(筆者撮影)
北5西1・西2地区市街地再開発 概要
名称北5西1・西2地区市街地再開発
所在地北海道札幌市中央区北5条西1丁目・北5条西2丁目
用途ホテル・オフィス・商業施設・バスターミナル
敷地面積約25,000㎡
建築面積
延床面積417,000㎡
階数55階~56階(当ブログ予想)
構造
高さ255m(1棟)
建築主北5西1・西2地区市街地再開発準備組合(札幌市・JR北海道・札幌駅総合開発・ジェイ・アール北海道バス)
設計
施工
着工予定2023年度
竣工予定2029年秋
アクセスJR「札幌駅」南西
地図

りんくうゲートタワービル(大阪府泉佐野市)の高さは約256m、階数は地上56階建てなので、札幌駅新ビルも55階~56階程度ではないか?

 

りんくうゲートタワービル(大阪府泉佐野市・地上56階・地下2階 高さ256.1m 1996年竣工)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました