兵庫県東部6市163万人、神戸市153万人を超えた?

兵庫県東部6市163万人

神戸市の人口は減少しているが、大阪市内への通勤に便利な兵庫県東部(西宮市など)の人口は増加している。

そこで、神戸市の人口と兵庫県東部6市の人口を比較してみた。

 

大阪市内への通勤に便利な

  • 尼崎市(46万人)
  • 西宮市(49万人)
  • 芦屋市(10万人)

3市の合計人口は105万人になっている。

 

これら3市に

  • 川西市(16万人)
  • 伊丹市(20万人)
  • 宝塚市(23万人)

を足すと合計で163万人(四捨五入)になる。

大阪市に近い兵庫県東部6市の人口は163万人と神戸市の153万人よりも多くなっている。

市名人口(人)面積平方キロ調査日
西宮市488,665100.182017/7/1
尼崎市462,52050.722017/3/31
芦屋市95,04118.572017/6/1
川西市159,88353.442016/3/31
伊丹市196,87025.092017/7/1
宝塚市225,353101.892017/7/1
6市合計1,628,332349.89
神戸市1,533,923557.022017/6/1

 

コメント

兵庫県東部6市の面積は合計で349.89平方キロで、神戸市の面積557.02平方キロよりも小さい。

面積的に兵庫県東部を1市と考えて、神戸市と比較してもおかしくはない。

神戸市は事実上、兵庫東部6市に次ぐ2番目の都市圏と言えなくもない。

歴史的にも、兵庫県東部6市は「摂津の国」の中心に近く、神戸は摂津の国の西の端の漁村であった。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました