現地に行ってみた、SICC(セティア泉佐野シティセンター)マレーシアの不動産開発大手「SPセティア」大阪りんくうの複合施設 2020年夏着工へ

出典 泉佐野市

マレーシアの不動産開発大手「SPセティア(Steia)」は大阪府泉佐野市の「りんくう中央公園用地」にホテルとMICE(国際会議場・見本市など)の複合施設を2020年7月~9月に着工する。

開発後の資産価値(GDV)は18億8,000万リンギ(約488億円)で、2025年の大阪・関西万博開催の前2024年の完成を目指す。

 

建設予定地「りんくう中央公園用地の東側」を撮影してきましたが、標識がないため、もしかしたら間違っているかもしれません。

2019年10月(西側から撮影)

 

2019年10月(西側から撮影)

 

2019年10月(北方向を撮影)

 

2019年10月(東方向を撮影)

 

2019年10月(北側から撮影)

泉佐野市は関空対岸の「りんくう中央公園用地(19,854.73平米)」を売却し、MICE(会議、視察、国際会議、展示会・見本市)施設やホテル、サービスアパートなどの複合施設を建設する事業者を募集していた。

SPセティアの子会社セティア・インターナショナル・ジャパン(Setia International Japan)合同会社が2018年に15億5,500万円で購入していた。

 

2019年10月(建設予定地から300m海側のマーブルビーチ)

りんくうタウン施設概要

敷地面積19,854.73平米
建築面積約11,000平米
延床面積約82,000平米
住居棟27階建 375戸
ホテル棟18階建 315室
中低層フロア棟6階建
着工2019年7月~9月
竣工2024年

引用 日刊建設工業新聞ブログ

【総延べ8・2万平米の複合施設提案】りんくう中央公園用地国際観光施設整備、最優秀提案者にSPセティア日本法人
日刊建設工業新聞社編集部の公式ブログです。

出典 泉佐野市

はるきさんの2019年9月19日のツイートによると、高さ148m・延床面積13万2000平方メートル

泉佐野市議会2019年9月18日「関空りんくうまちづくり特別委員会」の動画

(動画の長さは1時間以上だが、マレーシアのセティアの計画は9分10秒から)

SICC(セティア泉佐野シティセンター)物件概要

施設名SICC(セティア泉佐野シティセンター)
所在地大阪府泉佐野市りんくう中央公園用地
住宅棟38階
ホテル棟32階 (315室)
高さ148m(住宅棟かホテル棟かは不明)
延床面積132,000平米
MICE棟 5階5階 (6,600平米)
オフィス棟
屋内型植物園(バタフライファーム)
コイコンド?回遊しながら「鯉を鑑賞する」施設
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました