ニュース 話題 交通 大阪市/大阪府

【IR】夢洲までの地下鉄「海底トンネル」は完成していた(大阪市)

2018/03/12

出典 大阪市

大阪市が万博、IR(統合型リゾート)の誘致をしている夢洲へは、すでに地下鉄の海底トンネルが完成している。

実は、大阪オリンピック誘致のために、大阪市営地下鉄中央線をコスモスクエア駅から「夢洲」まで延伸計画があり、海底トンネル部分まではすでに完成している。

地下鉄中央線「コスモスクエア駅」から夢洲方面を撮影

 スポンサーリンク


北港テクノポート線建設事業概要

北港テクノポート線計画は、地下鉄中央線コスモスクエア駅から、夢洲駅(仮称)、舞洲駅(仮称)を経由して、新桜島駅(仮称)に至る7.3kmの地下鉄路線。

夢洲 (出典 大阪市)

今後、開業までの計画

完成しているのは海底トンネル部分だけで、夢洲駅まで開通するには3kmの地下路線工事(540億円、工期7年)が必要になる。

アクセス 大阪駅からは地下鉄本町駅で中央線に乗り換えで約30分かかる。

 

JR桜島線延伸計画

JRユニバーサルシティ駅の西から地下化し、舞洲、夢洲へ約6kmを延伸する計画。総工費は1,700億円かかるが、大阪駅から乗り換えなしで舞洲、夢洲(約22分)に行くことができる。

 

コメント

大阪駅からのアクセスを考えるとJR桜島線延伸計画が一番いい。北港テクノポート線は咲洲のコスモスクエア駅から夢洲駅(仮称)までとし、夢洲駅でJR桜島延伸区間に乗り換える方が現実的と思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!